イベント 令和6年9月3日 「第4回 SaMD産学官連携フォーラム」開催のお知らせ

開催案内

「第4回 SaMD産学官連携フォーラム」について

令和5年9月に、最先端のプログラム医療機器(SaMD: Software as a medical device)の実用化を促進する施策として経済産業省と厚生労働省はDASH for SaMD 2(Digital Transformation Action Strategies in Healthcare for SaMD 2)を公表しました。
今回、本施策に基づきSaMDに関する萌芽的シーズの把握や開発における考え方の整理に関する課題と解決に向けて産官学で意見交換を行うために、経済産業省、厚生労働省、AMEDの共催にて、第4回SaMD産学官連携フォーラムを開催いたします。
本フォーラムにおいては、「SaMDの海外展開における現状と課題について」と「SaMDの価値の国内での実証と実装について」の2テーマについて議論を深めます。フォーラム終了後に、ネットワーキングを目的とした情報交換会とともに、今回初の試みとして、情報交換会会場でのSaMD 展示会も開催いたします。事前登録の上、ぜひご参加ください。

開催概要

名称

「第4回 SaMD産学官連携フォーラム」

会期

令和6年9月3日(火)13時00分~18時30分

会場

イイノホール・カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

※現地会場とオンラインのハイブリッド開催を予定しています。

定員

会場参加

500名(要事前登録:定員になり次第受付を終了します。)

Web参加

1500名(要事前登録:定員になり次第受付を終了します。)
(アクセス数に上限がございますので、ウェブ参加URLの転送はご遠慮ください。個別に参加登録をお願いします。)

参加費

無料

参加申し込み

以下より、参加登録をお願いします。申し込み〆切は8月30日(金)となります。
「第4回 SaMD 産学官連携フォーラム」

主催

経済産業省(METI)、厚生労働省(MHLW)、日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

SaMDフォーラム(13時00分~17時05分)

  1. 開会の辞
    • 厚生労働省、経済産業省
  2. 施策等紹介
  3. 第一部 SaMDの海外展開における現状と課題について
  4. 第二部 SaMDの価値の国内での実証と実装について
  5. 閉会の辞
    • 日本医療研究開発機構(AMED)

情報交換会(17時05分~18時30分)


※演題・演者の詳細は、後日公開いたします。スケジュールは変更の可能性があります。

お問い合わせ先

宛先 第4回SaMD産学官連携フォーラム事務局
Tel 03-3958-5215
E-Mail samd-forum2024“AT”stage.ac
備考

※”AT”は@に置き換えてください。
※件名には、【第4回SaMDフォーラム】・所属氏名をご記載ください。

最終更新日 令和6年7月8日