プレスリリース 世界初!IoTが治療を変える―広島大学のスマート治療室を公開―

平成28年7月18日プレスリリース

国立大学法人広島大学
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
学校法人東京女子医科大学

広島大学は平成26年から5か年計画で、東京女子医科大学と国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)と共同で、安全性と医療効率の向上をめざす「スマート治療室」の開発を世界に先駆けて進めています。

「スマート治療室」開発のプロジェクトには、東京女子医科大学先端生命医科学研究所の村垣善浩教授を中心に、広島大学・信州大学・東北大学・鳥取大学の5大学と(株)デンソー・ミズホ(株)・(株)日立製作所・東芝メディカルシステムズ(株)・パイオニア(株)・日本光電工業(株)・エア・ウオーター(株)・(株)セントラルユニなど13社が参加しています。

「スマート治療室」はIoTを活用して手術の進行状況や患者さんの術中データを統合・表示し、手術の精度と安全性を向上させるシステムです。

このたび、広島大学病院内に「スマート治療室」の「基本仕様モデル」が完成し、東京女子医科大学に「最終目標モデル(プロトタイプ)」が完成いたしました。

広島大学では、基本仕様モデルの「スマート治療室」の運用を開始しました。

従来の手術室は、多種多様な医療機器がばらばらな状態でひしめき合っていました。広島大学の「スマート治療室」は、術中MRIを軸に基本的な手術機器、術中画像診断機器、患者生体信号機器などをパッケージ化することで、患部の状況をMRI等で確認しながら手術を進めることが可能になり、これまでより手術の安全性と精度が向上すると期待されます。今後は、東京女子医科大学に設置された「最終目標モデル」のコンセプトを目指して、各医療機器の間で時間同期された術中のデータを統合・表示するネットワーク化によるさらなる安全性や精度の向上について検証を進めます。さらに、国内初の無線LANによる医療情報の一元管理化も進めており、患者さんのQOL改善にも貢献するものと期待されます。

写真スマート治療室基本仕様モデル(広島大学病院)
写真スマート治療室概念図

お問い合わせ先

開発内容に関するお問い合わせ先

広島大学病院脳神経外科 齋藤太一助教
Tel:082-257-5227 FAX:082-257-5229
E-mail:taiichis“AT”gmail.com

日本医療研究開発機構 産学連携部医療機器研究課
(未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業)
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
Tel:03-6870-2213 FAX:03-6870-2242
E-mail:miraiiryou“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 平成28年7月18日