成果情報 マンガ教材「がんゲノムを知ろう!」の公開

令和元年9月17日成果情報

国立大学法人京都大学大学院医学研究科
国立研究開発法人日本医療研究開発機構

日本医療研究開発機構(AMED)のゲノム創薬基盤推進研究事業 A‐②:ゲノム情報患者還元課題―患者やその家族等に対して必要とされる説明事項や留意事項を明確化する課題「医療現場でのゲノム情報の適切な開示のための体制整備に関する研究」(研究代表者:京都大学 小杉眞司)は、 遺伝カウンセラーと学ぶマンガ教材「がんゲノムを知ろう!」を作成しました。

本マンガ教材を参照いただき、一般の方や医療関係者の「がんゲノム」に対する理解が深まることを期待いたします。

 マンガ教材「がんゲノムを知ろう!」

マンガ教材 「がんゲノムを知ろう!」表紙画像

(画像をクリックするとPDFが開きます)

本マンガ教材について

がんの患者さんやその家族だけでなく、一般の方や幅広い医療関係者への啓発活動を目的として親しみやすいツールとして「マンガ教材」を開発いたしました。「AMED小杉班」のHPの他の情報と合わせてご参考にしていただければ幸いです。

「ゲノム創薬」の基盤であり、出口でもあるゲノム「医療」の実装は急務です。政府の健康・医療戦略推進会議の下に設置された「ゲノム医療実現推進協議会」での中間とりまとめ(2015年7月)及び、厚生労働省の「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」における意見取りまとめ(2016年10月29日)では、国民のゲノム医療に対するアクセスを一層加速させることが指摘されています。

お問い合わせ先

国立大学法人京都大学大学院医学研究科
社会健康医学系専攻 医療倫理学・遺伝医療学分野
小杉 眞司
E-mail:kosugi”AT”kuhp.kyoto-u.ac.jp

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
基盤研究事業部 バイオバンク課
ゲノム創薬基盤推進研究事業担当

〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル21F
TEL:03-6870-2228 FAX:03-6870-2246
E-mail:genomic-medicine“AT”amed.go.jp

※E-mailアドレスは”AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 令和元年9月17日