公募情報 平成29年度 「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」関連シーズ<「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に係るシーズの公募(2次公募)/革新的医療シーズ実用化研究事業[合同公募]>に係る公募について

  • 平成29年3月28日

更新履歴

4月14日追記:説明会を更新しました。(説明会は終了しました。なお、当日の資料とQ&Aを掲載しましたのでご参考ください。)
4月14日追記:説明会(当日資料およびQ&A)を追加しました。
3月31日追記:資料(公募要領)を更新しました。(※第2版となります。変更箇所はファイル内の改定履歴をご参照ください)

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等
分野 革新的医療技術創出拠点
公募締め切り 平成29年4月21日(金)
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課 担当
E-mail: rinsho "at"amed.go.jp
備考:
※"at"の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。電話でのお問い合わせは受付できません。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成29年度「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に係るシーズの公募(2次公募) 及び革新的医療シーズ実用化研究事業を合同公募にて行います。

※「橋渡し研究戦略的推進プログラム」
日本全体で橋渡し研究を効率的に推進する体制の構築を目指し、1次公募において、北海道大学、東北大学、筑波大学、東京大学、慶應義塾大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、岡山大学、九州大学の10ヶ所を橋渡し研究支援拠点として採択しました。2次公募では、シーズB及びCの研究開発課題について橋渡し研究支援拠点を通じて募集します。
橋渡し研究戦略的推進プログラム(2次公募)
  分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の予定規模 研究開発実施予定期間 新規採択課題予定数
1 シーズB(非臨床POC取得を目指す研究開発課題等) 1課題当たり年間
70,000千円程度
(間接経費を含む)
最長3年
平成29年度~平成31年度
15課題程度
2 シーズC(臨床POC取得を目指す臨床研究開発課題等) 1課題当たり年間
100,000千円程度
(間接経費を含む)
最長3年
平成29年度~平成31年度
10課題程度
革新的医療シーズ実用化研究事業
  分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の予定規模 研究開発実施予定期間 新規採択課題予定数
1 臨床研究中核病院を活用する革新的医療シーズの実用化に関する研究 1課題当たり年間
50,000千円~100,000千円程度
(間接経費を含む)
最長3年
平成29年度~平成31年度
10課題程度

事業の案内ページ

応募資格者

本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者とします。

ただし、「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に係るシーズの公募(2次公募)における応募資格者は、橋渡し研究支援拠点の事業担当者となります。

公募期間

平成29年3月28日(火) ~ 平成29年4月21日(金)

ヒアリング日程

平成29年6月6日(火曜日)(予定)

公募説明会

合同公募説明会
開催日:平成29年4月10日(月曜日)15時~17時
会場:AMED 201会議室(20階)
プログラム(案)
  • 15時00分~15時05分 合同公募の概要説明
  • 15時05分~15時30分 橋渡し研究戦略的推進プログラム(2次公募)について
    【説明10分・質疑15分】
  • 15時30分~15時55分 革新的医療シーズ実用化研究事業について
    【説明10分・質疑15分】
  • 15時55分~17時00分 個別相談

当日資料およびQ&A

応募方法

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。

なお、 「橋渡し研究戦略的推進プログラム」(2次公募)においては、研究開発代表者が提出する様式1~5及び別添についてはe-Radを通じて応募してください。橋渡し研究支援拠点が提出する様式6~8の提出方法については、橋渡し研究支援拠点に別途ご案内いたします。

応募先

資料

最終更新日 平成29年4月14日