イベント 令和元年10月8日 「第13回核酸医薬レギュラトリーサイエンスシンポジウム ―核酸医薬の原料供給・製造・品質担保に関する課題抽出とその解決へ向けた提言―」開催のお知らせ(AMED協賛イベントのご案内)

令和元年8月29日開催案内

開催概要

AMED「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業」革新的中分子創薬技術の開発において、先端的な中分子創薬関連技術の開発課題の一つとして、中分子モダリティーとしての核酸医薬の実用化に向けての技術開発を行っています。
本シンポジウムでは、産官学の関係者をお呼びして、核酸医薬の原料供給・製造・品質管理において重要と考えられる課題を抽出し、議論することを目的としています。
この機会をお見逃しなく、核酸医薬品のCMC(Chemistry,Manufacturing and Control)にご興味のある方は、是非ご来場・ご参加ください。

シンポジウム開催案内
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

名称

第13回核酸医薬レギュラトリーサイエンスシンポジウム ―核酸医薬の原料供給・製造・品質担保に関する課題抽出とその解決へ向けた提言―

会期

令和元年10月8日(火)14時00分~17時00分

会場

フラクシア東京ステーション(東京)
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F

定員

先着200名

参加費

無料

主催

日本核酸医薬学会レギュラトリーサイエンス部会

協賛

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

敬省略
講演
核酸医薬の原料供給・製造・品質担保に関する課題の洗い出し状況について 山口 卓男(大阪大学)
製薬企業からの課題 滝口 直美(日本製薬工業協会核酸医薬品品質評価TF/大日本住友製薬株式会社)
ベンチャ-企業からの課題 佐藤 秀昭(ルクサナバイオテク株式会社)
分析メ-カ-からの課題 廣瀬 賢治(日本ウォ-タ-ズ株式会社)
製造メ-カ-からの課題 安岡 順一(住友化学株式会社)
パネルディスカッション
モデレーター:小比賀 聡、山口 卓男
パネリスト:
中村 光昭(AMED)、井上 貴雄、滝口 直美、佐藤 秀昭、廣瀬 賢治、安岡 順一、篠田 真樹(十全化学)、南海 浩一(ジ-ンデザイン)

参加申し込み

下段枠内、関連リンクの

「日本核酸医薬学会 第13回核酸医薬レギュラトリーサイエンスシンポジウム」ページ内の
【登録】参加申し込みURL

よりお申し込み下さい。

お問い合わせ先

シンポジウムに関するお問い合わせ先

大阪大学大学院薬学研究科生物有機化学分野
亀岡千寿子
natsj5”AT”phs.osaka-u.ac.jp

AMED事業に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
創薬戦略部 医薬品研究課
次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業担当
E-mail:jisedai-med"AT"amed.go.jp

※お問い合わせはE-mailでお願いします。
※E-mailは上記アドレス”AT"の部分を@に変えて下さい。