イベント 令和元年10月10日 「医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/MS)第2回成果発表会」開催のお知らせ

令和元年9月13日開催案内

更新履歴

令和元年9月13日 セミナー聴講登録が開始されました。

開催概要

2019年10月10日にBioJapan2019(パシフィコ横浜)にて、「医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム 第2回成果発表会」を開催致します。

「医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M/MS)」では、アカデミア発の技術シーズを産業界(企業)に円滑かつ効果的に移転する実用化プロセスに乗せるために、産学連携による研究開発課題を支援しています。

本プログラムには、2つの研究開発テーマがあります。
【テーマ1】オープンイノベーションによる革新的な新薬の研究開発(創薬)
【テーマ2】急激な少子高齢化社会を支える革新的医療技術・医療機器の研究開発(医療技術)

本成果発表会では、これまで「産学連携医療イノベーション創出プログラム」に採択された課題の中から、研究開発期間が終了した優秀な課題の一部につきまして、研究開発成果を紹介するとともに、その成果をアカデミア研究者・企業関係者等に広く役立てていただくことを目的としております。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

画像をクリックすると
PDFファイルが表示されます

名称

医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム (ACT-M/MS)第2回成果発表会

会期

令和元年10月10日(木)13時30分~16時30分

会場

パシフィコ横浜 アネックスホール F202

定員

120名

参加費

無料(事前登録必要)

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

13時30分~13時35分 開会挨拶
13時35分~13時45分 千葉PS挨拶

創薬課題

13時45分~13時50分 座長挨拶 谷田PO
13時50分~14時15分 「TLR7を標的にしたSLE治療薬の開発」
長井 良憲(富山県立大学)
セットアップ企業:テイカ製薬株式会社
共同研究開発機関:産業技術総合研究所、東京大学、関西医科大学
14時15分~14時40分 「他家移植用の再生キラーT細胞を量産する技術の開発」
河本 宏(京都大学)
セットアップ企業 :レグセル株式会社

医療技術課題

14時45分~14時50分 座長挨拶 山本PO
14時50分~15時15分 「アレルギーの発症予防と治療に有用なバイオマーカーと診断装置の開発」
木戸 博(徳島大学)
共同研究開発機関:応用酵素医学研究所株式会社
15時15分~15時40分 「3次元細胞培養システムを用いた革新的ヒト弾性軟骨デバイス創出」
谷口 英樹(横浜市立大学)
共同研究開発機関:株式会社ジェイテックコーポレーション、神奈川県立こども医療センター
15時40分~16時05分 「革新的タンパク質シルクエラスチンの臨床研究」
川端 慎吾(三洋化成工業株式会社)
共同研究開発機関:京都大学
16時05分~16時30分 「小型・軽量・安価な手指リハビリ用訓練ロボット装具SMOVE」
荒田 純平(九州大学)
共同研究開発機関:株式会社三松

参加申し込み

受付開始されました。

BioJapan2019に事前登録いただき、マイページへログインの上でセミナーへお申込みいただけます。

お問い合わせ先

宛先 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 産学連携課 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M)事業担当
Tel 03-6870-2214
E-Mail sangaku-i”AT”amed.go.jp
備考
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。