イベント 令和元年11月11日 2019年度AMED幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム公開シンポジウムについて

令和元年9月11日開催案内

更新履歴

令和元年9月11日 フライヤーを更新しました。

開催概要

日本医療研究開発機構(AMED)では国際化の一環として、国際的にご活躍されている海外の研究者をお迎えし、公開シンポジウムを開催します。

再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)においては、国際的競争力の高い研究成果が期待できる革新的・独創的な発想に基づく優れた研究、また、幹細胞・再生医学分野におけるイノベーション創出に資する異分野連携・国際性を有する研究を重視し支援しています。本シンポジウムでは、講演者の先生方に幹細胞および再生医学にかかわる最新の研究についてお話いただきます。
本研究分野の海外の動向について伺える機会となりますので、多数のご参加をお待ち申し上げます。

イノベミニシンポジウムのサムネイル 画像をクリックすると
PDFファイルが表示されます

名称

2019年度AMED幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム公開シンポジウム “Stem Cell and Regenerative Biology”

会期

令和元年11月11日(月)14時30分~17時45分(14時00分 入場受付開始)

会場

大手町プレイスカンファレンスセンター ホールB
(東京都千代田区大手町二丁目3番1号 大手町プレイス2階)

定員

300名(事前登録制)

参加費

無料

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構

プログラム

※英語による講演で同時通訳はありません

講演

Function and regulation of positional memory in muscle stem cells
Yusuke OnoKumamoto University

Hematopoietic stem cell fate through metabolic control
Keisuke ItoAlbert Einstein College of Medicine

In vitro long-term expansion of mouse dental epithelial organoids
Han-Sung JungYonsei University

Biomedical microfluidics
Shuichi TakayamaGeorgia Institute of Technology & Emory University

Stomach stem cells in epithelial renewal and cancer
Nicholas BarkerA*STAR Institute of Medical Biology

Villages in a Dish: Scaling the use of human cell models to detect drug-genotype interactions
Kevin EgganHarvard University

座長

Atsushi IwamaThe University of Tokyo
           (Program Supervisor, AMED)

参加申し込み

参加登録は下記リンクから必要事項を入力の上、お申し込みください。
令和元年10月20日締切り。定員になり次第終了させていただきます。

お申込み完了後に送られる登録完了メールを当日会場受付でご提示ください。

お問い合わせ先

シンポジウムに関するお問い合わせ

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部再生医療研究課
2019年度AMED幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム公開シンポジウム事務局
E-mail:scrbsympo“AT”amed.go.jp

※お問い合わせはE-mailでお願い致します。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

事業に関するお問い合わせ

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部再生医療研究課
E-mail:saisei“AT”amed.go.jp
Tel:03-6870-2220

※お問い合わせはE-mailでお願い致します。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。