公募情報 若手 海外 平成30年度 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)」に係る公募について

  • 平成29年12月26日

更新履歴

平成30年1月16日 公募説明会の動画配信を行います。
平成30年1月9日 公募説明会の申し込みは終了しました。
平成29年12月27日 「応募要件チェックリスト」を追加しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的
分野 再生医療,健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
公募締め切り 平成30年1月29日(月) 正午 厳守
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 再生医療研究課 再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2220
E-mail: saiseinw“AT”amed.go.jp  
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構では、平成30年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)」に係る公募を行います。詳細につきましては、公募要領をご覧ください。

公募研究開発課題名
研究開発費の規模
 
研究開発
実施予定期間
採択課題予定数
幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム
1課題当たり年間
8,000~15,000千円程度
(間接経費を含まず)
3年
(平成30年度~
平成32年度)
0~10課題程度

※再生医療分野の裾野を広げ、幅広い人材育成につながるよう、1法人あたりの採択数は、原則として最大1課題までとします。

※研究開発費の規模及び新規採択課題予定数等は、公募開始後の予算成立の状況等により変動することがあります。大きな変動があった場合には、全部又は一部の公募研究開発課題について提案書類の受付や課題の採択を取りやめる可能性があります。

事業概要

幹細胞・再生医学分野の発展および次世代の再生医療の革新的な医療の実現や幹細胞を用いた創薬応用に資する、独創的な発想に基づく目標達成型の基礎的研究の支援を行います。また、研究の継続的な発展には、人材の育成が必要であることから、特に若手研究者に対する支援を行います。

事業の案内ページ

応募資格者

申請は、大学等(学校法人、公的研究機関、および公益法人等の公的性格を有する機関でAMEDが認めるもの。詳細については、公募要領参照)に所属する若手研究者に限ります。研究開発代表者および研究開発分担者ともに、若手研究者とします。また、研究分担機関や研究協力機関に企業が加わることは可能ですが、AMEDから企業に対する研究費支援は行いません。

若手研究者とは
平成30年4月1日時点において、年齢が、男性の場合は満40歳未満の者(昭和53年4月2日以降に生まれた者)、女性の場合は満43歳未満の者(昭和50年4月2日以降に生まれた者)、又は博士号取得後の期間が8年未満の者。ただし、産前・産後休業及び育児休業をとった者は、満40歳未満又は満43歳未満の制限に、その日数を加算することができます。

公募期間

平成29年12月26日(火) ~ 平成30年1月29日(月) 正午 厳守

※全ての研究開発提案書類等について、期限を過ぎた場合には一切受理出来ませんのでご注意ください。
※応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

公募説明会

公募説明会は終了しました。ご参加ありがとうございました。

開催日:平成30年1月12日(金)13時(受付12時30分)から

会 場:国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 20階 201会議室
    東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル

動画配信のご案内 (※1月16日更新)

説明会当日の様子は、外部の動画配信サービスサイト(USTREAM)で配信しています。
日本医療研究開発機構(AMED)公式チャンネルにお入りいただき、
平成30年度 幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム公募説明会」をご覧ください。

応募方法

研究開発提案書類等は、e-Radで期限内に提出してください。
詳細は、公募要領の「III.公募・評価の実施方法」及び「IV.研究開発提案書等の作成と注意」を中心にご参照下さい。

応募先

資料

最終更新日 平成30年1月16日