公募情報 海外 平成30年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(1次公募)について

  • 平成29年11月7日

更新履歴

※11月14日:研究開発提案書(記入用及び記載要領)を差し替えました。(「4.研究費の応募・受入等の状況・エフォート」のみ)

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
公募締め切り 平成29年12月13日(水) 正午
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 難病研究課   免疫アレルギー疾患実用化研究分野   担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail:nambyo-i"at"amed.go.jp
備考:
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※E-mailは上記アドレス“at”の部分を@に変えてください。

公募内容

平成30年度「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る研究開発課題を公募(1次公募)します。各公募研究開発課題の詳細は公募要領「XI.公募研究開発課題」を参照してください。
 
  分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の規模 研究開発
予定期間
採択
予定数
備考
1-A 【アレルギー疾患領域】
診療の質の向上に資する研究
(患者実態調査~基盤構築研究)
1課題あたり年間
10,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
診療ガイドライン等の策定・改定に資する提案であること。
1-B 【免疫疾患領域】
診療の質の向上に資する研究
(患者実態調査~基盤構築研究)
0~2課題
程度
2-A 【アレルギー疾患領域】
病態解明研究(基礎的研究)
1課題あたり年間
10,000千円~
15,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
診療ガイドライン当の策定、又は、実用化に結びつく薬事承認を目指す提案であること。
2-B 【免疫疾患領域】
病態解明研究(基礎的研究)
0~2課題
程度
3-AB 【免疫アレルギー疾患領域】
医薬品等開発研究
(ステップ0~ステップ2)
1課題あたり年間
10,000千円~
20,000千円程度
(間接経費を含まず)
最長3年
2018年度~
2020年度
0~2課題
程度
ステップ1,2は、企業等参画が必要。部分的なプロセスや要素技術に限定した提案は不可。

事業概要

免疫アレルギー疾患等実用化研究事業は、免疫アレルギー疾患の病因・病態の解明等に関する研究や、予防、診断及び(根治的)治療法に関する質の高い基礎的研究に立脚した「成果やシーズ」を着実に実用化プロセスに乗せて、新規創薬、医療技術、医療機器等の研究開発等を推進し、免疫アレルギー疾患罹患患者のQOLの維持・向上を目指します。

事業の案内ページ

応募資格者

本事業の応募資格者は、一定の要件を満たす国内の研究機関等に所属し、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの 責任を担う能力を有する研究者(「研究開発代表者」)とします。(詳細は公募要領「Ⅱ.応募に関する諸条件等」を参照ください。)

公募期間

平成29年11月7日(火) ~ 平成29年12月13日(水) 正午
※締切は平成29年12月13日(水) 正午【厳守】となります。

応募方法

提案書類の様式等、応募に必要な資料はAMEDウェブサイトの公募情報からダウンロードの上、公募要領に従って「研究開発提案書」等を作成の上、e-Radよりご提出ください。詳細は公募要領を参照ください。

応募先

資料

最終更新日 平成29年11月14日