公募情報 若手 女性 令和2年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画の若手・女性育成のため日米共同研究)」(二次公募)(COVID-19感染症に対する日米アジア共同研究)の採択課題について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,観察研究等
分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト,健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際戦略推進部 国際戦略推進課 地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画) 公募担当(古川)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル23階
TEL: 03-6870-2215
E-mail: nichibei“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和2年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画の若手・女性育成のため日米共同研究)」に係る公募(二次公募)(COVID-19感染症に対する日米アジア共同研究)(公募期間 令和2年9月10日~令和2年10月22日)を行いました。

課題評価委員会(別紙 PDF)において厳正な審査を行い、下記のとおり採択課題を決定しました。

研究開発課題名 研究開発代表者 機関名 職名
Genetics, Immunological and Neurological Long-term Consequences in Prospective COVID-19 Cohort in Thailand, Japan, Philippines and USA タイ Nattiya Hirankarn Chulalongkorn University Professor
日本 大塚 邦紘 徳島大学 特任助教
米国 Douglas Golenbock UMass Medical School Professor
フィリピン Fresthel Monica Climacosa University of the
Philippines Manila
Associate Professor
Comprehensive elucidation of the host factors contributing to severe COVID-19 using large U.S. and Japanese cohorts 米国 Ho Namkoong National Institute of Allergy and Infectious
Diseases
Visiting Fellow
日本 柴田 翔 東京医科歯科大学 助教
Long-term immunity to SARS-CoV-2 in influencing COVID-19 disease outcome in Asia 日本 モイ メンリン 長崎大学 教授
米国 Sujan Shresta La Jolla Institute for Immunology Associate Professor
ベトナム Thi Quynh Mai Le National Institute of Hygiene and
Epidemiology
Vice Director
フィリピン Kathryn Roa Southern Philippines
Medical Center
Infectious Disease Specialist
Roles of T follicular helper cells and tissue resident memory cells of mucosal immunity in COVID-19 disease severity 日本 山本 和子 長崎大学 助教
米国 Jay Kolls Tulane
School of Medicine
John W Deming Endowed Chair in Internal Medicine

評価経過情報

公募期間 令和2年9月10日~10月22日
課題評価委員会(AMED) 令和2年11月9日
e-ASIA 理事会 令和2年12月23日
申請数 9
書面審査通過数 9
採択数 4

掲載日 令和3年1月8日

最終更新日 令和3年1月8日