公募情報 令和6年度 「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(先端国際共同研究推進プログラム(ASPIRE))」に係る公募(第2回)(日・英国共同研究)について

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究
分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト
公募締め切り 令和6年4月16日(火) 18時00分 日本時間(e-Rad)
※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。
AMEDではe-Radに登録された研究提案情報をダウンロードして評価システムに組み入れています。提案書の記載情報とe-Radへの入力情報に齟齬がないよう、提案前に双方の記載内容を十分確認してください。

お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
国際戦略推進部 国際事業課

ASPIRE公募担当
E-mail: amed-aspire“AT”amed.go.jp
備考:
※アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、令和6年度「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(先端国際共同研究推進プログラム ASPIRE)」に係る日・英国共同研究公募を英国医学研究会議(MRC: Medical Research Council、以下MRC)と実施いたします。
※Adopting Sustainable Partnerships for Innovative Research Ecosystem

# 研究領域 研究テーマ 研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発実施
予定期間
新規採択
課題予定数
1 世界最高水準の医療の提供に資する細胞構造・ダイナミクス研究

生物工学的アプローチによる先進医療の実現

1課題当たり総額*1
122,000千円以下
(研究期間が3年の場合)

最長3年
(令和6年9月
~令和9年8月)
(予定)

0~3課題

2 世界最高水準の医療の提供に資する細胞・臓器・個体間相互作用研究
3 世界最高水準の医療の提供に資するライフステージ研究

*1 全研究期間を通じての総額

公募内容の詳細は、公募要領である英語版MRC-AMED Engineering Biology Call-Specific Guidance for Applicants及び日本側研究者向け補足応募注意事項を参照ください。

AMEDとMRCは、この資金提供の機会について、生物工学を、「合成生物学の概念を実世界のソリューションに変換するプロセス」と定義し、自然システムの改変から人工生物学に至るまでの生物学的な要素やシステムの設計・製造とみています。本公募における生物工学を以下に示します:

  • 生物学的構成要素やシステムの設計・製造するための、工学的原理を用いた合成生物学の開発・活用
  • 産業プロセスへの合成生物学の導入
  • 合成生物学を支援するツールや技術の開発

(以下、英語原文)
For this funding opportunity AMED and MRC define engineering biology as the process of taking synthetic biology concepts and translating them into real-world solutions. It is the design and fabrication of biological components and systems, from modifications of natural systems through to artificial biology. For the purposes of this activity, engineering biology refers to:

  • the development or use of synthetic biology, using engineering principles, to design and fabricate biological components and systems
  • the adoption of synthetic biology into industrial processes
  • the development of tools and technologies that specifically support synthetic biology

応募資格者

応募資格の詳細は、MRC-AMED Engineering Biology Call-Specific Guidance for Applicants(公募要領)の「2. Who can apply?」及び日本側研究者向け補足応募注意事項「第2章 応募に関する諸条件等」をご覧ください。

事業概要

本プログラムは、高い科学技術水準を有する欧米等先進国を対象として、政府主導で設定する先端分野における研究開発成果創出を目的とし、大型国際共同研究に十分な予算を担保します。
両国の資金配分機関が協働し、課題単価や支援時期等を柔軟に設定することで、より戦略的・機動的に国際共同研究を支援します。 
この国際共同研究を通じ、国際科学トップサークルへの日本人研究者の参入を促進するとともに、両国の優秀な若手研究者の交流・コネクションの強化も図ることで国際頭脳循環を推進し、長期的な連携ネットワークの構築に貢献します。なお、本プログラムにおける課題の公募・審査・採択・支援等は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)と国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)で実施し、AMEDは「健康・医療」分野を担当します。

事業の案内ページ

医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(先端国際共同研究推進プログラム ASPIRE)

参考資料

先端国際共同研究推進事業/プログラム

公募期間

令和6年1月15日(月) ~ 令和6年4月16日(火) 18時00分 日本時間(e-Rad)
※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。
AMEDではe-Radに登録された研究提案情報をダウンロードして評価システムに組み入れています。提案書の記載情報とe-Radへの入力情報に齟齬がないよう、提案前に双方の記載内容を十分確認してください。

公募説明会

実施しません。
ご質問がございましたら、e-mailにてお問い合わせください。

応募方法

日本、英国の研究者が合同でCall-Specific Guidance for Applicants(公募要領)に指定された研究提案書類一式を作成し、日本側研究者は日本側追加応募様式(Supplemental application form for Japan-based applicants)、必要に応じて日本側研究者向け補足応募注意事項に記載した書類とあわせ、2024年(令和6年)4月16日(火)(日本時間18時00分)までに、日本側府省共通研究開発管理システム(e-Rad)からご提出ください。英国側研究者のMRCへの応募締切時刻より早いことにご留意ください。

両国の応募システム(e-Rad, TFS)それぞれに日英研究代表者が統一の提案書類一式を提出することで応募が成立します。一方のみの応募は無効となります。詳細はCall-Specific Guidance for Applicants(公募要領)及び日本側研究者向け補足応募注意事項をご確認ください。

※応募する対象者は、原則として応募時までにe-Radに登録されていることが必要となります。研究機関の登録方法については、e-Radポータルサイトを参照してください。登録まで日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。
※e-Radからの申請に際して所属機関の承認が必要です。研究開発代表者から所属機関にe-Radで申請した段階では応募は完了していませんので、所属機関の承認の手続きを必ず行ってください。
※e-Radにおいて、応募締め切り時に申請手続が未完了の場合には、いかなる理由があったとしても、弊機構は締め切り後の受理をしませんので、十分にご注意ください。
※応募対象となる共同研究チームには、日本、英国の2か国からの研究者がパートナーシップのもと、合同で研究開発代表者(Project lead)として参加していることが必須となります。1か国の研究者のみでの応募は対象外となりますので、ご注意ください。

応募先

資料

掲載日 令和6年1月15日

最終更新日 令和6年1月15日