イベント 平成31年3月13日 平成30年度「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」成果報告会開催のお知らせ

平成31年3月5日開催案内

更新履歴

(3月5日追記)
  • 成果報告会の申込み期間を延長しました。
参加申し込み締め切り:3月12日(火)正午

開催概要

平成30年度「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」成果報告会を開催致します。

国産医療機器創出基盤整備等事業は、医療機関において医療機器メーカー等の人材育成を行い、国内外の医療ニーズ起点の医療機器開発の推進を図ることを目的とし、平成26年度~平成30年度までの5年間、国内の11機関において実施してきました。
本成果報告会は、医療機関と医療機器メーカー等が連携することで得られた成果や連携の課題を発表する場として企画いたしました。各機関の取り組みを共有することで、わが国の臨床現場と産業界の連携を促進することを目的としております。多くの方のご参加をお待ちしております。

成果報告会画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

成果報告会 開催案内

名称

平成30年度「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」成果報告会

会期

平成31年3月13日(水)13時30分~17時00分

会場

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 20階 201会議室
(東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル)

定員

200名(事前申し込み先着順)

参加費

無料(事前登録)

主催

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

*プログラムは変更になることがあります。

時間 内容
13時30分~ 開会挨拶国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)理事長 末松 誠
13時32分~ 来賓挨拶厚生労働省 医政局 経済課医療機器政策室
13時35分~ 事業説明国立研究開発法人日本医療研究開発機構
13時40分~ 基調講演「医療機関における医療機器開発」(仮)
講師:スタンフォード大学医学部循環器科主任研究員 池野 文昭
14時20分~ 事業成果報告
本事業採択11機関の成果報告
東北大学病院/東京女子医科大学/信州大学医学部附属病院/浜松医科大学/大阪大学医学部附属病院/国立循環
器病研究センター/神戸大学医学部附属病院/岡山大学病院/鳥取大学医学部附属病院/九州大学病院/大分大学
16時30分~ 総括国立がん研究センター理事長特任補佐 本事業プログラムスーパーバイザー 荒井 保明
16時50分~ 閉会挨拶国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)産学連携部 部長  高見 牧人

参加申し込み

申込み期間を延長しました。
※参加申し込み締め切り:3月12日(火)正午

説明会にご参加いただくには、事前の参加登録が必要です。 参加申し込みは下記のページよりお願いします。
(申し込みフォームは外部サービスを使用しています)

関連情報

日本とは異なる医療現場のニーズがある開発途上国・新興国に向けて、ニーズに対応した医療機器開発の支援を行う「開発途上国・新興国等における医療技術等の実用化研究事業」の成果報告会が同日午前開催されます。

お問い合わせ先

成果報告会に関するお問い合わせ先

国産医療機器創出促進基盤整備等事業 成果報告会事務局
株式会社三菱総合研究所 
ヘルスケア・ウェルネス事業本部
E-mail:kokusankikikiban”AT”ml.mri.co.jp( “AT”の部分を@に変えてください)

AMED事業に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
産学連携部 医療機器研究課 国産医療機器創出促進基盤整備等事業担当
E-mail:device-kiban“AT”amed.go.jp ( “AT”の部分を@に変えてください)