イベント 令和2年3月6日 【イベント中止】革新的医療技術創出拠点プロジェクト 市民公開講座「One Teamで叶える夢の医療」開催のお知らせ

令和2年2月21日開催案内

更新履歴

令和2年2月21日
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、市民公開講座は中止することにいたしました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※なお、同時開催としておりました「革新的医療技術創出拠点プロジェクト 令和元年度成果報告会」も中止になりました。

開催概要 ※中止になりました

日本医療研究開発機構(AMED)は2015年4月に設立された、新規医療の実用化を目指した研究に対して研究費を補助する国立の機関です。AMEDでは「成果を一刻も早く実用化し患者さんやご家族の元にお届けすること」をめざし、日々患者さんやそのご家族の元に新しい治療法を届けるために大学や病院、研究所などで行われている研究を支援しています。
しかしこのような新しい治療法の開発の現場は研究室で試験管や実験動物を用いて行われる研究の段階から、病院で被験者さんの協力を得ながら行われる治験や臨床試験まで非常に多岐にわたることから、なかなかその実態がわかりづらいのが現状です。
そこで本市民公開講座では普段皆さんがあまり聞きなじみのない、治験や臨床試験の実際や実際に治療が患者さんの手元に届くまでの多くの研究のプロセスとそこに携わる各種プレーヤーについてご紹介していきます。

中止になりました。

市民公開講座案内
画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

名称

革新的医療技術創出拠点プロジェクト 市民公開講座「One Teamで叶える夢の医療」※中止になりました

会期

令和2年3月6日(金)16時15分~17時45分

中止になりました。

会場

イイノホール&カンファレンスセンター内 Room B

〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-1-1
飯野ビルディング4F

対象

一般の方、企業の方、大学の方、病院の方、患者様、研究者等

定員

100名(事前申し込み先着順)

参加費

無料

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

『血液難病に対する医師主導治験の成功体験』
埼玉医科大学病院 総合診療内科(血液) 教授・血栓止血センター長 宮川 義隆
『いらない脂肪が役にたつ!?~皮下脂肪から作る血小板の医療応用・再生医療等製品開発~』
慶應義塾大学医学部 臨床研究推進センター 特任准教授 松原 由美子
『iPS細胞から血小板ができる』
京都大学iPS 細胞研究所 臨床応用研究部門 教授 江藤 浩之

ほか

同時開催

革新的医療技術創出拠点プロジェクト「令和元年度 成果報告会 イノベーション創出、その先へ」
3月5日(木)~3月6日(金) イイノホール&カンファレンスセンター

参加申し込み

一般の方、企業の方、大学の方、病院の方、研究者等

以下のページからお申し込みください。

プレスの方

下記問い合わせ先にご連絡ください。

お問い合わせ先

令和元年度成果報告会 参加登録事務局
※事務局業務を外部事業者に委託しています。

TEL:03-6911-0585 FAX:03-6911-0581(受付時間:10時00分~19時00分、土日祝は除く)
E-mail:amed-kakushin-2019”AT”medical-bank.org

事業に関するお問い合わせ

臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課
TEL:03-6870-2229 FAX:03-6870-2246
E-mail:rinsho-kakushin“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。