イベント 【開催日】平成31年2月9日-11日 日英ニューロサイエンスシンポジウムを開催しました

開催報告

脳と心の研究課では、2019年2月9日から11日にかずさアカデミアホール(千葉県木更津市)にて、英国医学研究会議(UK Medical Research Council : MRC)との共催による「Japan-UK Neuroscience Symposium」を2泊3日の合宿型合同シンポジウムとして開催しました。

日英の大学、研究機関、研究支援機関等から約60名が参加し、「大脳皮質発達と精神疾患」や「神経変性における分子基盤」等をテーマとしたセッションを行いました。さらに、ラウンドテーブルでは今後の日英共同研究の発展に向けた戦略と問題点について、活発な討論が展開されました。
また、在日英国大使館の協力の下、日英の若手研究者を中心としたポスターセッションを行いました。今後の研究発展が期待される研究者2名を優秀ポスター賞として選出し、受賞者による演題発表が行われました。

本シンポジウムは、2017年2月にAMEDとMRCが署名した協力のための覚書に基づくものであり、ニューロサイエンスとメンタルヘルスに関する新しいアプローチをテーマとした日英の新たな共同研究につなげることを目的としています。2018年3月に第1回目が英国ロンドンで開催され、今回の日本開催が第2回目となります。

今後の日英間におけるニューロサイエンスの発展に向けて、AMEDとMRCは合同シンポジウムの継続開催を行うこととしており、次回は2019年度に英国で開催される予定です。

  • ラウンドテーブルの様子
  • シンポジウム参加者の集合写真

最終更新日 平成31年3月29日