イベント 令和元年11月19日 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 2019年度BINDS公開シンポジウム 開催のお知らせ

令和元年8月29日開催案内

開催概要

多くの研究者がBINDSの支援を受けて成果を上げています。
大型研究施設・設備(放射光、クライオ電顕、化合物ライブラリー、次世代シーケンサーなど)や最先端実験技術(構造解析、タンパク質生産、ケミカルシーズ・リード探索、構造展開、ゲノミクス解析、インシリコスクリーニング、ヒト化細胞・動物などを用いる薬効・薬物代謝・安全性評価など)を用いて、課題実施研究者がみなさまの研究を強力に後押しするBINDS(創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム)。「最先端の研究者が外部の研究者をバックアップする」という世界的にもユニークな試みが、思いがけない成果を生み出しています。

今年のシンポジウムでは、いよいよ実際にBINDSの支援を受けた外部研究者が登壇、支援を受けてどんな成果を上げたかを発表します。また事業内の課題実施研究者の高度化研究についても特に顕著な成果を発表するほか、招待講演として、茂呂和世先生(大阪大学)には特発性間質性肺炎をテーマに免疫関連のご講演を、上田泰己先生(東京大学)には全身透明化の未来的な手法を用いて生命の深奥に迫るご研究についてご講演頂きます。
講演プログラム後は、ポスター会場で、実際に各支援を行っている研究者に直接相談、交流いただける場もご用意しています。

BINDSの「今」、医学・薬学・生命科学研究の「今」を知る。この機会をお見逃しなく、どなたでも、是非ご来場・ご参加ください。

シンポジウム開催案内
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

名称

創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 2019年度BINDS公開シンポジウム

会期

令和元年11月19日(火)13時30分~18時00分(開場 13時00分)ポスター19時30分まで

会場

講演  :よみうり大手町ホール(東京・大手町)
ポスター:よみうり大手町小ホール(東京・大手町)

東京都千代田区大手町1-7-1

定員

500名

参加費

無料(参加対象:一般/事前参加登録必要)

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

■講演敬省略
招待講演
特発性間質性肺炎の理解と克服に向けて 茂呂 和世(阪大・院・医)
全身透明化による全細胞解析の実現 上田 泰己(東大・院・医)
支援研究の成果
概日時計タンパク質を標的とする低分子化合物 廣田 毅(名大・ITbM)
病態特異的タンパク質間相互作用を標的にしたドラッグ・リポジショニング 西田 基宏(生理研/九大・院・薬)
特定なoncoprotein群のユビキチン化を阻害するSFNを標的とした革新的な肺腺癌治療薬の開発 野口 雅之(筑波大・医)
上皮バリアの生物学に立脚した創薬基盤技術の開発 近藤 昌夫(阪大・院・薬)
高度化研究の成果
クライオ電子顕微鏡による構造解析:最近の成果と今後の課題 吉川 雅英(東大・院・医)
コバレントドラッグ創薬のためのケミカルバイオロジープラットフォームの開拓 王子田 彰夫(九大・院・薬)

*座長:BINDS事業プログラムスーパーバイザー、プログラムオフィサー

参加申し込み

例年、多数ご参加希望がありますので、下記の参加申込みフォーム、またはお問い合わせ先に記載している電話より、お早めにお申し込みください。

※参加申込みフォームは外部サービスを使用しています。

お問い合わせ先

宛先 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬戦略部 医薬品研究課 BINDS事業担当
Tel 03-6870-2219