プレスリリース 「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」がスタートします(3件の研究開発課題を採択)

平成27年10月21日プレスリリース

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED、理事長 末松 誠)は、平成27年度「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)*対策のための国際共同研究プログラム」に係る採択課題を決定しました。

本プログラムでは、我が国とアフリカ諸国の大学等研究機関において、NTDsの予防、診断、創薬、治療法の開発等を行い、成果の社会実装を目指すとともに、共同研究を通じてアフリカの若手研究者の人材育成を行うことを目指しています。

本年5月のグローバル・リサーチ・カウンシル(GRC:世界のファンディング機関長の会議)において、安倍総理がアフリカでの顧みられない熱帯病(NTDs)に焦点を当てた国際共同研究を新たにスタートさせる旨、表明したことを受け、平成27年度に創設されました。

採択課題を決定するにあたり、当プログラム の課題評価委員会(別紙1)にて定めた評価項目(別紙2)に基づき厳正な審査を行いました。応募課題について利益相反のある委員は評価に加わりませんでした。

採択課題は次のとおりです。

研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 国外代表機関名
(国名)
迅速診断法の開発とリスク分析に基づいた顧みられない熱帯病対策モデルの創成    北海道大学 鈴木 定彦 ザンビア大学
(ザンビア共和国)
西アフリカ・ブルキナファソにおけるデング熱媒介蚊制御のための集学的研究 東京慈恵会医科大学 嘉糠 洋陸 ワガドゥク大学
(ブルキナファソ)
アフリカのNTD対策に資する大陸的監視網に向けたイノベーティブ・ネットワークの構築:一括・同時診断技術を基軸とした展開 長崎大学 金子 聰 ケニア中央医学研究所
(ケニア共和国)

用語解説

*顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases:NTDs)
WHOが「人類の中で制圧しなければならない熱帯病」と定義している17の疾患:リンパ系フィラリア症、シャーガス症、リーシュマニア症、ギニア虫感染症、アフリカ睡眠病、失明に至るトラコーマ、ハンセン病、住血吸虫症、河川盲目症、土壌伝播寄生虫病、ブルーリ潰瘍、デング熱、のう虫症、狂犬病、包虫症、食物媒介吸虫類感染症、風土性トレパネーマ症

お問い合わせ先

宛先 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際事業部 国際連携研究課
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
Tel 03-6870-2216
E-Mail africa-ntds"AT"amed.go.jp
備考
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

最終更新日 平成27年10月21日