公募情報 若手 女性 海外 平成30年度 「革新的がん医療実用化研究事業」に関わる公募(2次公募)の採択課題について

  • 平成30年10月12日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等
分野 がんに対応した研究
お問い合わせ先
日本医療研究開発機構 戦略推進部がん研究課 革新的がん医療実用化研究事業 公募担当
E-mail: kakushingan “AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。                        ※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成30年度「革新的がん医療実用化研究事業」に係る公募(2次公募)について、本事業の課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記のとおり採択課題を決定いたしました。

(領域2-2)個人の発がんリスクや特性に応じたリスク低減手法の開発に関する研究

研究開発課題名 代表者 所属
子宮頸癌予防のためのリスク低減を目的としたヒトパピローマウイルス(HPV)標的粘膜免疫療法の医師主導治験 川名 敬 日本大学

(領域3-2)がん関連遺伝子パネル検査等による遺伝子検査結果に基づき投与患者を特定する新規の抗悪性腫瘍薬(医薬品)の開発を目指した医師主導治験

研究開発課題名 代表者 所属
SCRUM-Japanの基盤を活用した血液循環腫瘍DNAスクリーニングに基づくFGFR遺伝子異常を有する難治性の治癒切除不能な進行・再発固形がんに対するTAS-120のバスケット型医師主導治験 吉野 孝之 国立がん研究センター

(領域3-3)がん関連遺伝子パネル検査等による遺伝子検査結果に基づき投与患者を特定する抗悪性腫瘍薬の開発(既存薬の適応拡大等による)を目指した医師主導治験

研究開発課題名 代表者 所属
HER2増幅固形癌に対するトラスツズマブ・ペルツズマブ併用療法のバスケットトライアル 池田 貞勝 東京医科歯科大学
次世代シークエンサーによる網羅的がん関連遺伝子パネル解析を用いたHER2遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺癌に対する治療開発を目指した研究 岡本 勇 九州大学
ROS1融合遺伝子陽性の進行固形がんに対する治療開発を目指した研究 仁保 誠治 国立がん研究センター

(領域4-4)革新的医療技術の実用化に関する研究

研究開発課題名 代表者 所属
新規腎がん早期診断マーカーの体外診断薬実用化に向けた非臨床試験 植田 幸嗣 がん研究会

(領域5-1) 抗悪性腫瘍薬の適正使用推進に資する多施設共同臨床試験

研究開発課題名 代表者 所属
非小細胞肺癌に対するPD-1経路阻害薬の継続と休止に関するランダム化比較第III相試験 後藤 悌 国立がん研究センター

(領域5-3)支持・緩和療法のPrecision Medicineに資する前臨床研究

研究開発課題名 代表者 所属
外科的がん切除後のデクスメデトミジンによる鎮静に不応な重症せん妄発症を予測するバイオマーカーの開発 上園 保仁 国立がん研究センター

(領域6-1)小児がん、AYA世代のがんに対する、抗悪性腫瘍薬の適正使用推進に資する多施設共同臨床試験

研究開発課題名 代表者 所属
小児からAYA世代頭蓋外胚細胞腫瘍の治療毒性低減を目指した国際共同臨床試験 黒田 達夫 慶應義塾大学
小児Ph染色体陽性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬の適正使用に関する研究開発 嶋田 博之 慶應義塾大学
ダウン症合併骨髄性白血病に対する標準的治療法の確立 多賀 崇 滋賀医科大学

(領域6-3)高齢者のがんまたは臓器機能障害のある患者に対する抗悪性腫瘍薬の適正使用推進に資する多施設共同臨床試験

研究開発課題名 代表者 所属
高齢者非小細胞肺がん患者に対する抗がん薬のPK/PDに基づく個別化医療研究 濱田 哲暢 国立がん研究センター
腎機能低下時、軽体重時におけるオシメルチニブ療法の薬物動態、用量反応関係を検討する第1相試験 藤原 豊 国立がん研究センター

(若手育成枠A)分子基盤に基づいた革新的がん診断・創薬等の開発に関する研究

研究開発課題名 代表者 所属
網羅的遺伝子異常解析に基づいたNK細胞腫瘍の病態解明および新規標的分子の同定 古屋 淳史 国立がん研究センター
ゲノム異常のある微小環境細胞による抗腫瘍免疫応答を標的とする治療戦略 坂田 麻実子 筑波大学
幹細胞活性を持つCML微小残存病変の特性解明と高感度検出法開発 田久保 圭誉 国立国際医療研究センター
血液循環腫瘍DNA解析を活用した切除不能・進行再発大腸がんにおけるがんゲノム異常のClonal Evolutionに関する網羅的カタログの作成 中村 能章 国立がん研究センター
膠芽腫におけるBNCTプレシジョン・メディシン化を実現する統合的分子基盤の創出 藤村 篤史 岡山大学
Arf様低分子量Gタンパク質を標的とした新規抗がん剤の研究開発 松本 真司 大阪大学

(若手育成枠B)がん予防・診断・治療法等の開発に関する臨床研究

研究開発課題名 代表者 所属
拡散MRIを用いた革新的な腫瘍診断技術の構築 飯間 麻美 京都大学
弾性圧迫グローブ・ストッキングによる圧迫療法の化学療法起因性末梢神経障害予防効果を検討する探索的な多施設共同ランダム化比較試験 川口 展子 京都大学
小児および若年成人のEBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症に対するリスク別多施設共同第II相臨床試験 坂本 謙一 国立成育医療研究センター
がん化学療法起因性末梢神経障害軽減方法の開発 華井 明子 国立がん研究センター

(各領域ごとに五十音順で表示・10月1日時点の情報)

評価経過情報

公募期間 平成30年6月15日~平成30年7月13日(正午)
会合審査日 平成30年8月29日、8月31日、9月3日、
9月6日、9月7日、9月10日
申請数 103
採択数 23

最終更新日 平成30年10月12日