公募情報 若手 女性 海外 平成30年度 「次世代がん医療創生研究事業」(2次公募)の採択課題について

  • 平成30年11月2日

更新履歴

平成30年12月7日 採択内容を更新しました。

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
分野 がんに対応した研究
お問い合わせ先
日本医療研究開発機構 戦略推進部がん研究課 次世代がん医療創生研究事業 公募担当
TEL: 03-6870-2221
E-mail: koubo-jisedai“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成30年度「次世代がん医療創生研究事業」に係る2次公募の研究開発課題について、当事業の課題評価委員会において厳正な審査を行い、下記の通り採択課題を決定いたしましたのでお知らせいたします。

研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 氏名
単一細胞解析による中枢神経系胚細胞腫の不均一性の解明と新規治療開発への応用 国立がん研究センター 市村 幸一
網羅的相互作用解析技術を用いた新規免疫チェックポイント分子の同定とその阻害抗体の開発 東京大学 伊東 剛
がん悪性化を担うRNA制御メカニズムの包括的解明と革新的創薬 東京都健康長寿医療センター 井上 聡
癌細胞の代謝・細胞生存システムを標的とするマイクロRNAを用いた核酸医薬に関する研究開発 東京医科歯科大学 井上 純
酸化によるDNAメチル基転移酵素活性抑制を特異的に阻止する世界初の化合物を用いた最新バイオマーカー開発とがん治療戦略構築 岡山大学 上原 孝
難治性がんに特異的に発現するIAPのユビキチンリガーゼ活性を利用した革新的治療薬の開発 国立医薬品食品衛生研究所 大岡 伸通
がん治療のためのリンパ球チップを用いたT細胞受容体様抗体の革新的単離法の開発 富山大学 小澤 龍彦
B細胞リンパ腫におけるPD-L2の生物学的役割と発現制御機構の解明 国立がん研究センター 片岡 圭亮
白血病細胞-骨髄腫瘍血管を巡る負のスパイラルを断ち切る治療標的の同定 大阪大学 木戸屋 浩康
CD69分子を標的とした新規のがん免疫療法の開発 千葉大学 木村 元子
がん不均一性を個体レベルでモデル化したハイスループットスクリーニング系による肝がん分子標的薬効果予測バイオマーカー探索と耐性化機構の解明 大阪大学 小玉 尚宏
ミトコンドリア1炭素代謝経路を標的とした乳がんの革新的治療法の開発 金沢大学 後藤 典子
スプライシング因子変異による骨髄異形成症候群のクローン進化メカニズムの解明に基づく新規治療法の開発 京都大学 昆 彩奈
芽球性形質細胞様樹状細胞の新規治療法およびバイオマーカー開発:希少疾患への臨床・病理・基礎医学による統合的アプローチ  がん研究会 坂本 佳奈
微小環境変化に起因する脳腫瘍幹細胞の代謝不均一性が生む治療抵抗性の打破 慶應義塾大学 サンペトラ オルテア
細胞内タンパク質輸送ブロッカー M-COPAをリードとする分子標的薬の開発 東京理科大学 椎名 勇
新規検出アルゴリズムとロングリードシーケンスを併用した非古典的構造異常の全がん解析 国立がん研究センター 白石 友一
ナノポア型長鎖シークエンサーを駆使したがんゲノム異常における新規概念の創出および患者層別化手法の開発 東京大学 鈴木 絢子
アルファ線放出核種アスタチン-211結合抗体を用いた放射免疫療法の開発 国立がん研究センター 高島 大輝
難治性がんサブタイプの免疫環境多様性に対応した特異的免疫治療システムの開発 東京医科歯科大学 田中 真二
T細胞受容体認識エピトープによる腫瘍浸潤Tリンパ球の次世代解析方法の開発 国立がん研究センター 冨樫 庸介
HVJ-E活性化腫瘍浸潤リンパ球による新規養子免疫療法開発 大阪大学 二村 圭祐
細胞内アミノ酸代謝特性を標的とした新規がん治療戦略の開発 国立がん研究センター 服部 鮎奈
アドレナリン依存性内皮細胞Immunogenic reprogrammingによる腫瘍免疫制御機構と治療応用 東京大学 早河 翼
変異SPOPシステムを標的とした新規前立腺がん治療薬の開発 愛媛大学 東山 繁樹
クロマチンリモデリング因子BRG1を標的とした新規膵がん治療法の開発 京都大学 福田 晃久
tRNAエピトランスクリプトーム創薬で実現するがん幹細胞標的型抗がん剤の開発 岡山大学 藤村 篤史
がん微小環境模倣デバイスによるがん転移の統合的理解と転移抑制法の開発 東京大学 松永 行子
DNA障害型抗がん剤の革新的な効果予測バイオマーカーSLFN11の応用研究 慶應義塾大学 村井 純子
肺癌オルガノイドライブラリーを用いたprecision medicineの確立と新規治療標的の同定 慶應義塾大学 安田 浩之
DDS・分子イメージング・抗体工学を駆使した革新的Bispecific antibodyの開発 国立がん研究センター 安永 正浩
急性骨髄性白血病におけるセルフリーDNAを用いた骨髄移植後再発予測とクローン進化動態の解明 東京大学 横山 和明
様々ながん抗原を標的とし長期生存能を持つT細胞による新たな個別化免疫細胞療法の開発 国立がん研究センター 吉川 聡明
(五十音順、敬称略)

評価経過情報

公募期間 平成30年6月25日~7月25日(正午)
会合審査日 平成30年9月17日、18日
申請数 174課題
採択数 33課題

最終更新日 平成30年12月7日