公募情報 若手 平成31年(令和元年)度 「革新的医療シーズ実用化研究事業」の採択課題について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 臨床試験,治験
分野 革新的医療技術創出拠点
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課

革新的医療技術創出拠点プロジェクト
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル21階
E-mail: rinsho-kakushin"AT"amed.go.jp
備考:
※"AT"の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成31年度「革新的医療シーズ実用化研究事業」について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り採択課題を決定いたしましたのでお知らせいたします。

臨床研究中核病院の機能を活用した若手研究者によるプロトコール作成研究

研究開発課題名 代表者所属機関 研究開発代表者 連携する臨床研究中核病院
遺伝性肺動脈性肺高血圧症に対するトラゾドンの有効性を検証する医師主導治験プロトコールの作成 東京大学 清水 峻志 東京大学医学部附属病院
大腸菌発現系rhBMP-2含有β-TCP製人工骨を用いた顎骨再生療法の開発 岡山大学 中川 晋輔 岡山大学病院
膵神経内分泌腫瘍に対する超音波内視鏡ガイド下エタノール注入療法:プロトコール作成研究 岡山大学 松本 和幸 岡山大学病院
骨髄間葉系幹細胞集塊を用いた歯周組織再生療法開発 広島大学 加冶屋 幹人 九州大学病院
未熟児網膜症の進行予防を目的とした点眼薬の開発 九州大学 有馬 充 九州大学病院
日本におけるFirst in Human試験、コンゴ民主共和国との国際共同Proof of Concept試験による、アフリカトリパノソーマ症治療薬開発 大阪市立大学 中釜 悠 大阪大学医学部附属病院

応募・評価について

(1)応募状況

公募期間:
平成31年3月27日~平成31年4月22日
対象者:
公募要領で定める条件を満たす若手研究者
ただし、応募にあたり、臨床研究中核病院からプロトコール作成支援の承諾を得ていること
応募件数:
17件

(2)審査の方法

革新的医療技術創出拠点プロジェクトにおける研究開発事業の課題評価委員会において書面審査及びヒアリングを実施し、課題評価委員会の評価をふまえて、6課題を採択しました。

掲載日 令和元年7月29日

最終更新日 令和元年7月29日