公募情報 海外 平成31年度 「創薬基盤推進研究事業(1次公募)」の採択課題について

  • 平成31年3月28日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験
分野 医薬品創出
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬戦略部医薬品研究課 創薬基盤推進研究事業(GAPFREE) 公募担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: gapfree“AT”amed.go.jp
備考:
お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)
電話及びFaxでのお問い合わせは受け付けできません。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成31年度「創薬基盤推進研究事業(1次公募)」について、課題評価委員会(事前評価)(別紙)において厳正な審査を行い、下記の通り採択課題を決定しました。

1.産学官共同創薬技術活用プロジェクト(GAPFREE)

研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者 職名
パーキンソン病における疾患修飾薬候補の同定とprecision medicineの実現に向けたアカデミアと企業の技術融合による新たな創薬エコシステムの開発 順天堂大学 赤松 和土 特任教授
精神障害のゲノム変異を起点としたバイオリソースと臨床情報の活用による非競争的フェーズにおける産学連携創薬の基盤構築 名古屋大学 尾崎 紀夫 教授
大規模疾患レジストリとiPS細胞技術を活用した筋萎縮性側索硬化症に対する新規治療薬開発 名古屋大学 祖父江 元 特任教授
多層オミックス解析による個別化緑内障創薬 東北大学 中澤 徹 教授
(以上 敬称略 五十音順)

最終更新日 平成31年3月28日