公募情報 海外 令和4年度 「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る公募(2次公募)について

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 医薬品プロジェクト,感染症
公募締め切り 令和4年4月8日(金) 正午【厳守】
お問い合わせ先
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 創薬事業部 創薬企画・評価課
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
事業担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: shinkou-saikou”at”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”at”の部分を@に変えてください。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)では、令和4年度「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る2次公募を行います。本公募では、エイズ、肝炎及び新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象とする研究開発課題は公募対象としません。
本公募要領に含まれる公募研究開発課題の概要は以下のとおりです。各公募研究開発課題の詳細は公募要領を参照してください。

新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業

公募
番号
公募研究開発課題等 研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発実施
予定期間
新規採択
課題予定数
501 既存ワクチンにおける公衆衛生対策の向上に資する研究開発 1課題あたり年間
15,000千円(上限
最長3年
令和4年度~
令和6年度
0~4課題
程度
601 既存ワクチンの品質管理試験法の確立に関する研究開発 1課題あたり年間
20,000千円(上限)
0~1課題
程度
701 ワクチン導入後における感染症の動向に関する疫学研究 1課題あたり年間
20,000千円(上限)
0~2課題
程度

事業概要

本事業では、感染症から国民及び世界の人々を守り、公衆衛生の向上に貢献するため、感染症対策の総合的な強化を目指します。そのために国内外の感染症に関する基礎研究及び基盤技術の開発から、診断法・治療法・予防法の開発等の実用化研究まで、感染症対策に資する研究開発を切れ目なく推進します。

事業の案内ページ

応募資格者

本事業の応募資格者は、一定の要件を満たす国内の研究機関等に所属し、かつ、主たる研究場所とし、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者(研究開発代表者)とします(詳細は公募要領「第2章 応募に関する諸条件等」を参照ください)。

公募期間

令和4年3月16日(水) ~ 令和4年4月8日(金) 正午【厳守】

公募説明会

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、公募説明会は開催しません。お問い合わせにつきましては、上記のE-mailアドレス宛に所属、氏名、連絡先を記載してお送りください。

応募方法

「令和4年度2次公募に係る資料」より必要な資料をダウンロードの上、公募要領に従って「研究開発提案書」等を作成し、e-Radよりご提出ください。詳細は公募要領を参照ください。

応募先

資料

令和4年度2次公募に係る資料

掲載日 令和4年3月16日

最終更新日 令和4年3月16日