公募情報 令和3年度 「臨床研究・治験推進研究事業(生物統計家育成推進事業)」に係る公募について

  • 令和2年9月30日

更新履歴

令和2年10月13日 【重要】ヒアリングによる審査方法を変更しました。下記「ヒアリング日程」をご覧ください。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 該当なし
分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト
公募締め切り 令和2年10月30日(金) 15時00分【厳守】
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 シーズ開発・研究基盤事業部 拠点研究事業課 「臨床研究・治験推進研究事業(生物統計家育成推進事業)」担当
E-mail: rinsho-kakushin"at"amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“at”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※電話およびFAXでのお問い合わせは受け付けできません。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、令和3年度「臨床研究・治験推進研究事業(生物統計家育成推進事業)」を実施する育成拠点を公募いたします。詳細につきましては公募要領をご参照ください。

配分資金の規模(上限) 実施予定期間 新規採択予定数
令和3年度:
1育成拠点当たり年間160,000千円程度
内訳:研究開発費80,000千円~100,000千円程度(間接経費を含む)
助成金80,000千円程度
5年
令和3年度~7年度
2
育成拠点
令和4年度:
1育成拠点当たり年間160,000千円程度
内訳:研究開発費80,000千円~100,000千円程度(間接経費を含む)
助成金75,000千円程度
令和5年度:
1育成拠点当たり年間160,000千円程度
内訳:研究開発費80,000千円~100,000千円程度(間接経費を含む)
助成金70,000千円程度
令和6年度:
1育成拠点当たり年間160,000千円程度
内訳:研究開発費80,000千円~100,000千円程度(間接経費を含む)
助成金65,000千円程度
令和7年度:
1育成拠点当たり年間160,000千円程度
内訳:研究開発費80,000千円~100,000千円程度(間接経費を含む)
助成金60,000千円程度
  • 研究開発費の規模等はおおよその目安となります。
  • 研究開発費の規模及び新規採択課題予定数等は、公募開始後の予算成立の状況等により変動することがあります。大きな変動があった場合には、全部又は一部の公募研究開発課題について提案書類の受付や課題の採択を取りやめる可能性があります。
  • 複数の公募研究開発課題への応募は認められますが、研究費の不合理な重複及び過度の集中(詳細は第5章を参照してください)に該当しないことを確認するため、同時に応募した研究開発課題の情報を研究開発提案書の該当欄へ必ず記載してください。また、応募中の研究開発課題が採択された場合は、速やかにAMEDの本事業担当課に報告してください。

事業概要

本事業では、臨床研究の質の担保に不可欠な生物統計家を、大学院教育及び大学院修了後に就職した医療機関(大学・病院等)において座学及び実際の臨床試験業務を通じて育成し、その過程で得られる知見を基にPDCA(Plan-Do-Check-Action)を実践することで、大学院2か年プラス卒後教育1か年の一貫した育成を行う優れた生物統計家育成プログラムの構築を目指します。

応募資格者

本事業の応募資格者は、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)に基づき設置された国内の大学の長(「研究開発代表機関の長」)とします。但し、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめ等の責任を担う能力を有する者として大学院研究科長などを研究開発代表者として応募しても差し支えありません。また、委託研究開発契約の履行能力を確認するため、審査時に、代表機関及び分担機関の営む主な事業内容、資産及び負債等財務に関する資料等の提出を求めることがあります。

公募期間

令和2年9月30日(水) ~ 令和2年10月30日(金) 15時00分【厳守】

ヒアリング日程

ヒアリング審査は、令和2年11月26日(木)に行う予定です。

  • 面接審査(ヒアリング審査)はWeb等による実施の場合があります。
  • 面接審査(ヒアリング審査)を実施する対象課題の研究開発代表者に対しては、原則として面接審査(ヒアリング審査)の1週間前までに電子メールにてご連絡します(面接審査(ヒアリング審査)の対象外の場合や、面接審査(ヒアリング審査)自体が実施されない場合には連絡しませんので、採択可否の通知までお待ちください)。面接審査(ヒアリング審査)の実施や日程に関する情報更新がある場合は、第5章に記載のAMEDウェブサイトの公募情報に掲載しますので、併せてご参照ください。面接審査(ヒアリング審査)の対象か否かに関する個別回答はしかねます。
  • 感染症の流行や災害等による社会的混乱等の不測の事態のため、面接審査(ヒアリング審査)の方法を変更したり、中止にする場合があります。また、面接審査(ヒアリング審査)が中止の場合は、書面審査期間を延長する場合があります。

公募説明会

公募説明会の予定はございません。
お問い合わせにつきましては、公募要領をご参照の上、上記のメールアドレス宛に所属、氏名、連絡先を記載してお問い合わせください。

応募方法

下記「資料」より提案書類の様式等、必要な資料をダウンロードの上、公募要領に従って「研究開発提案書」等を作成の上、e-Radよりご提出ください。詳細は公募要領を参照ください。

応募先

資料

最終更新日 令和2年10月13日