公募情報 若手 女性 令和3年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画の若手・女性育成のため日米共同研究公募)」に係る公募について

更新履歴

令和2年12月23日:「日本側応募者応募注意事項」の13ページ【研究開発費の規模】を修正しました。
17ページ【提案書様式の入手方法】のURL情報を修正しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,観察研究等
分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト,感染症
公募締め切り 令和3年3月31日(水)
CRDF Globalでの応募期間 2020年12月14日(月)~2021年3月30日(火)23時59分(米国東部標準時間)【厳守】
e-Radでの応募期間 令和2年12月15日(火)~令和3年3月31日(水)12時59分【厳守】
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際戦略推進部 国際戦略推進課 国際連携推進室 地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画) 公募担当(古川)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル23階
TEL: 03-6870-2210
E-mail: nichibei“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

日米医学協力計画は、アジア地域にまん延する疾病等に関する研究を、日米両国で共同して行うことを目的としています。国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、今回の公募において、日米医学協力計画の枠内で、日米及びアジア地域の研究者が協力し、アジア地域にまん延するウイルス性疾患・免疫に関する研究を推進することで、若手や女性の研究者の育成を目指す共同研究の提案を求めています。

また、研究成果については2022年以降のEmerging Infectious Diseases国際会議(EID、汎太平洋新興再興感染症国際会議)において発表の場を設けることを予定しています。

公募分野:
感染性疾患・免疫
研究開発費:
1課題当たり2年間で総額60,000米ドル(間接経費を含む)
(日本側サブチームは、日本側サブチーム研究予算のうち、研究1年目に50%、2年目に残りの50%を契約することとします)。
研究開発実施予定期間:
令和3年度~令和4年度(2年間)
新規採択予定件数:
0~8課題程度 

事業概要

日米医学協力計画プログラム概要

昭和40年の佐藤総理大臣と米国ジョンソン大統領の共同声明に基づき、アジア地域にまん延している疾病に関し、日米両国が共同で研究を行うこととして、閣議了解により日米医学協力計画が発足しました。現在、結核、コレラ、エイズ、ウイルス性疾患、寄生虫疾患、栄養・代謝等の10の専門部会を設置し、AMEDと米国NIHの連携の元、それぞれの専門部会において取り組むべき課題について日米で研究協力を行っています。

事業の案内ページ

応募資格者

応募者は、日米、または日米亜の共同チームを構成し提案を行います。日本と米国のサブチームの両方において、若手、もしくは、女性研究者がサブチームの研究開発代表者(Principle Investigator)であることが必要です。詳細は公募要領を参照してください。

公募期間

令和2年12月15日(火) ~ 令和3年3月31日(水)
CRDF Globalでの応募期間 2020年12月14日(月)~2021年3月30日(火)23時59分(米国東部標準時間)【厳守】
e-Radでの応募期間 令和2年12月15日(火)~令和3年3月31日(水)12時59分【厳守】

公募説明会

公募説明会は実施いたしません。
下記資料の公募要領をご覧になり、ご不明な点などございましたら、電子メールにてご質問ください。

応募方法

公募要領はCRDF Global Request for Proposals (RFP)です。公募要領に記載のとおり、応募してください。また、日本側応募者応募注意事項もご参照ください。

公募要領に記載のとおり、CRDF Globalへの提案書類の提出に加え、e-Radでの応募をお願いします(それぞれの締め切りにご注意ください)。

応募受付期間

  • CRDF Globalでの応募期間 2020年12月14日(月)~2021年3月30日(火)23時59分(米国東部標準時間)【厳守】
  • e-Radでの応募期間 令和2年12月15日(火)~令和3年3月31日(水)12時59分【厳守】

応募先

資料

掲載日 令和2年12月15日

最終更新日 令和2年12月23日