公募情報 平成27年度 「医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)」に係る公募について

  • 平成27年6月1日
  • 平成27年度の公募は終了しました。多数の応募をありがとうございました。
  • 面接審査は9月30日に実施予定です。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 医療機器開発
公募締め切り 平成27年7月17日(金)
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 医療機器研究課 先端計測 担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号
TEL: 03-6870-2213
E-mail: sentan"AT"amed.go.jp
備考:
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)
※お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。

公募内容

将来の革新的医療機器開発を目的とした要素技術、機器・システム開発を公募します。

類型(タイプ) 要素技術開発タイプ 先端機器開発タイプ
開発期間 2年4ヶ月以内 3年4ヶ月年以内
開発内容 要素技術の開発 プロトタイプ機の開発
開発目標
  • L-1:同定されたターゲット(マーカーや症状)を測定するための診断技術(要素技術開発タイプ)又は診断機器を開発(先端機器開発タイプ)
  • L-2:新規ターゲット(マーカーや症状)を探索・解明するための革新的な計測分析技術(要素技術開発タイプ)又は機器を開発(先端機器開発タイプ)する
チーム構成

産と学・官が連携し、かつ医師(臨床医)が参画した開発チームを編成

※若手研究者の応募を推奨

契約方式 AMED―中核機関は委託契約(単年度契約)
中核機関―参画機関は再委託契約(単年度契約)

事業概要

医療分野研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラムは、日本発の国際競争力が高い革新的医療機器の実用化の鍵となるニーズを踏まえた研究開発を推進します。有望な研究者が持つ技術シーズを広く発掘し、医療イノベーション創出を加速する計測分析技術・機器・システムの開発を支援します。

日本医療研究開発機構「オールジャパンでの医療機器開発」体制において、本プログラムは将来の医療機器開発へつながる有望な「技術シーズ」を完成させ、プロトタイプ機の開発を支援し、社会実装に向けた次のフェーズへと繋げていく位置づけです。

事業の案内ページ

応募資格者

産と学・官が連携し、かつ医師(臨床医)が参画した開発チームを編成
※若手研究者の応募を推奨
※詳細については公募要領をご覧ください。

公募期間

~ 平成27年7月17日(金)

資料

参考資料(平成27年度公募関連資料)

最終更新日 平成27年8月10日