公募情報 平成29年度 「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」に係る公募について

  • 平成29年10月13日

更新履歴

※11月10日追記:研究基本計画の新規重点分野項目のイラストを差し替えました。
※10月25日追記:公募説明会の資料について掲載しました。
※10月17日追記:資料欄に掲載している「公募要領」を更新しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 応用,臨床試験,該当なし
分野 医療機器開発
公募締め切り 平成29年11月13日(月) 正午
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 医療機器研究課   ロボット介護機器開発・導入促進事業   担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号
E-mail:robot_hojo“AT”amed.go.jp
備考:
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)
※お問い合わせはE-mailにてお願い致します。

公募内容

超高齢社会の到来に伴い、高齢者の自立支援、介護従事者の負担軽減の観点から、介護現場においてロボット技術の活用が強く期待されています。本事業は経済産業省・厚生労働省で定めた「ロボット技術の介護利用における重点分野(平成29年10月改訂)」で追加された新規1分野5項目の介護現場のニーズに基づいたロボット介護機器の開発に向けたフィージビリティスタディ・試作開発と既存5分野8項目の介護現場のニーズに基づいたロボット介護機器の改良開発に対して補助を行います。対象者はロボット介護機器の製品化の意思を持つ企業等です。

詳細については、研究基本計画、公募要領をご参照下さい。

※本事業に係る提案書等はe-Radにて提出いただきます(書面での提出は受付できません)。応募を予定されている企業等で、機関登録が済んでいない場合は、早目の準備をお願い致します。

事業の案内ページ

事業概要

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、平成29年度 「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」を実施する補助事業者を、以下の要領で公募します。

公募期間

平成29年10月13日(金) ~ 平成29年11月13日(月) 正午

公募説明会

公募説明会は終了しました。多くのご参加ありがとうございました。
公募説明会資料を掲載しました。以下のリンクよりご覧ください。
【東京会場】
日時:平成29年10月20日(金)14時~16時 (30分前より読売新聞ビル1Fにて受付開始)
会場:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 20階 205会議室
住所:東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル
【大阪会場】
日時:平成29年10月23日(月)14時~16時(30分前より会場入口にて受付開始)
会場:大阪合同庁舎1号館 第2別館3階ミーティングルームB
住所:大阪市中央区大手前1-5-44

応募方法

本ホームページより提案書類の様式等、必要な資料をダウンロードの上、公募要領に従って「研究開発提案書」等を作成の上、e-Radよりご提出してください。

  • 応募にあたっては「研究開発代表者」が所属する研究機関がe-Radに登録されていることが必要となります。登録手続きに日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。
  • 全ての研究開発提案書類等について、公募期間を過ぎた場合には一切受理出来ませんのでご注意ください。

詳細については、公募要領およびe-Radポータルサイトを参照してください。

提案書類の提出先 

資料

最終更新日 平成29年11月10日