公募情報 若手 女性 海外 令和2年度 「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(e-ASIA共同研究プログラム)」に係る公募について

更新履歴

令和2年4月22日:公募締切を延長しました。
新型コロナウイルス感染拡大による影響を考慮し、公募期限を延長することとなりました。
新しい公募締切は、令和2年5月21日(木)となります。
 

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
公募締め切り 令和2年5月21日(木)
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際事業部 国際連携研究課 担当者:小島、渡辺
E-mail: e-asia"AT"amed.go.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(e-ASIA共同研究プログラム)において、令和2年度の共同研究提案の公募を以下の要領で実施します。

  分野等、公募研究開発課題名 委託研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
委託研究開発実施予定期間 採択課題予定数
1 感染症
(Infectious Diseases, including AMR)
1課題当たり年間
8,000千円程度
最低3年
(4年度を越えない)
令和2年度~令和5年度
0~3
課題程度
2 がん
(Cancer Research)
1課題当たり年間
8,000千円程度

最低3年
(4年度を越えない)
令和2年度~令和5年度

0~3
課題程度

注)AMEDでは上記以外にApplication Guidelineに記載のあるメンタルヘルス(Mental Health)分野の公募は行いません。

事業概要

e-ASIA 共同研究プログラム(e-ASIA JRP)は、平成24年6月に発足した東アジアサミット参加国を参加想定国とした多国間共同研究課題支援プログラムです。本プログラムは、アジア諸国において、科学技術分野における研究交流を加速することにより、研究開発力を強化するとともに、環境、防災、材料・代替エネルギー、農業、医療研究(感染症、がん)など、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指しています。今回の医療研究分野で公募に参加する研究資金配分機関は以下です。

参加メンバー機関(アルファベット順に記載):

  1. Australia(オーストラリア連邦): National Health and Medical Research Council (NHMRC)
  2. Cambodia(カンボジア王国): Ministry of Health (MOH)
  3. Indonesia(インドネシア共和国): Ministry of Research and Technology/ National Research and
    Innovation Agency (RISTEK/BRIN)
  4. Japan(日本): 日本医療研究開発機構(AMED)
  5. Lao PDR(ラオス人民民主共和国): Ministry of Health (MOH)
  6. Myanmar(ミャンマー連邦共和国): Ministry of Education (MOE)
  7. New Zealand(ニュージーランド): Health Research Council (HRC)
  8. Philippines(フィリピン共和国): Department of Science and Technology (DOST-PCHRD)
  9. Russia(ロシア連邦): Russian Foundation for Basic Research (RFBR)
  10. Thailand(タイ王国): Thailand Center of Excellence for Life Sciences (TCELS)
  11. USA(アメリカ合衆国): National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID)
  12. Vietnam(ベトナム社会主義共和国): Ministry of Science and Technology (MOST)

医療研究分野の目的

医療研究分野では多国間共同研究による、東アジア地域における研究開発力の強化と公衆衛生・医療問題の克服を目的として公募を行います。

事業の案内ページ

応募資格者

応募対象者は、【Application Guideline】Appendix  I. Eligibility for Japan-based applicants にてご確認ください。

公募期間

令和2年1月16日(木) ~ 令和2年5月21日(木)

新型コロナウイルス感染拡大による影響を考慮し、公募締切が 令和2年5月21日(木)までとなりました。

公募説明会

無し

応募方法

応募者(日本側研究者)は、(a)Lead PIによるe-ASIA JRP事務局への共同研究課題提案書のeメールによる提出、(b)e-Radによる応募書類の提出、の両方が必要となります。提出期限内に提出が完了していない場合は応募を受理しません。提案書等の記載(入力)に際しては、本項目に示した記載要領に従って、必要な内容を誤りなく記載してください。なお、受付期間終了後は提出いただいた提案書類の差し替え等には応じられません。

(a)e-ASIA JRP事務局へのeメールによる提出

※締切 2020年5月21日(木)17時(タイ時間)【厳守】
※新型コロナウイルス感染拡大による影響を考慮し、公募締切が上記に延長となりました。

  • 【提出先】e-ASIA JRP事務局 E-mail:easia_secretariat"AT"jst.go.jp
    ※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

(b)e-Radによる応募書類の提出

※締切 2020年5月21日(木)17時(日本時間)【厳守】
※新型コロナウイルス感染拡大による影響を考慮し、公募締切が上記に延長となりました。

日本側共同提案者は、上記(a)に加え、e-Radにて、Form-1Jと2Jを日本語で提出してください。なお、e-Radでの申請の際は、WEB上で必要情報を登録するとともに、e-ASIA JRP事務局に送付されたものと同じ提案書をアップロードしてください。

応募先

資料

最終更新日 令和2年4月22日