公募情報 令和6年度 「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業(再生・細胞医療・遺伝子治療産業化促進事業)(開発補助事業)」に係る公募について

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 非臨床研究・前臨床研究
分野 再生・細胞医療・遺伝子治療プロジェクト
公募締め切り 令和6年7月2日(火) 正午【厳守】
※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 再生・細胞医療・遺伝子治療事業部 再生医療研究開発課担当
E-mail: saisei2“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※電話およびFAXでのお問い合わせは受け付けできません。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構では、令和6年度「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業(再生・細胞医療・遺伝子治療産業化促進事業)(開発補助事業)」の研究開発課題の公募を行います。詳細については、公募要領をご参照ください。

  分野等、公募研究開発課題名
研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発予定期間 採択予定数
1 再生医療等製品を目指した創薬シーズに対する製造プロセス開発支援 1課題当たり
年間92,300千円(上限)
令和6年11月(予定)
~令和8年度末
0~3課題程度
2 再生医療等製品を目指した創薬シーズに対する産業化促進研究開発支援 1課題当たり
年間69,200千円(上限)
令和6年11月(予定)
~令和8年度末
0~3課題程度

(注1)補助対象経費には、直接経費に加え、間接経費を直接経費の30%を上限として計上を認めます。
(注2)補助対象経費のうち直接経費の3分の2の金額(※1)とその0~30%の金額(※2)の合計を補助金として交付します。

補助対象経費と補助金交付額の関係(上限額の場合)

事業概要

本事業では、再生・細胞医療・遺伝子治療における再生医療等製品の産業化促進を目的とし、開発の主体となる企業(ベンチャー等を含む。)に対して、国内又は国外での企業治験に進むために求められる薬事規制に沿った非臨床試験や品質確立、製造方法の確立等に必要な研究開発を支援します。

事業の案内ページ

応募資格者

公募要領で定める条件を満たす研究者(公募要領「第3章 応募要件 3.1.応募資格者」)を参照してください。

公募期間

令和6年5月28日(火) ~ 令和6年7月2日(火) 正午【厳守】
※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。

※全ての研究開発提案書類等について、期限を過ぎた場合には一切受理出来ませんのでご注意ください。

ヒアリング日程

令和6年9月~10月(予定)
※日程が決まりましたら、本ページを更新してお知らせします。
※ヒアリング審査を実施する対象課題の研究開発代表者に対して、原則として1週間前までにE-mailにてご連絡します。

公募説明会

公募説明会は実施いたしません。
※公募要領および研究開発提案書(申請書式)についてご質問がございましたら、上記の問い合わせ先E-mailアドレスにメールにてご連絡ください。

応募方法

研究開発提案書類等は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)で期限内に提出してください。
応募に関する詳細は、公募要領の「第4章 提案書類の作成 ・提出」をご参照ください。

※応募する対象者は、原則として応募時までにe-Radに登録されていることが必要となります。研究機関の登録方法については、e-Radポータルサイトを参照してください。登録手続きに日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。なお、他制度・事業で登録済みの場合は再度登録する必要はありません。
※「研究開発代表者」から所属機関にe-Radで申請した段階では応募は完了していません。所属機関の承認の手続きを必ず行ってください。※ヒト全ゲノムシークエンス解析を実施する場合、※ヒト全ゲノムシークエンス解析プロトコール様式の提出が必須になります。ヒト全ゲノムシークエンス解析を実施する場合で、ヒト全ゲノムシークエンス解析プロトコール様式の提出がない場合は、応募申請は「不受理」となり、審査の対象となりませんので、ご留意ください。シークエンスデータやプロトコール情報の詳細については、公募要領の第3章 「3.2.7 データシェアリングについて」を参照してください。また、所定様式が提出されている場合であっても、ヒト全ゲノムシークエンス解析プロトコールが、第3章「3.2.7  データシェアリングについて」に記載している条件を満たさない提案は、「不採択」となりますので、ご留意ください。不明な点がある場合は、お問い合わせください。

応募先

資料

掲載日 令和6年5月28日

最終更新日 令和6年5月28日