プレスリリース AMED「医療機器開発の重点化に関する検討委員会」の検討結果について

平成31年3月29日プレスリリース

国立研究開発法人日本医療研究開発機構

AMEDでは、医療機器開発支援のあり方を検討するため、昨年11月に「医療機器開発の重点化に関する検討委員会」(委員長:北島 政樹 国際医療福祉大学 副理事長、名誉学長)を設置して検討を進め、このたび報告書を取りまとめました。

報告書のポイント

目的
  1. 戦略性をもったリソースの重点化/ポートフォリオ運用を実現する。
  2. 課題オリエンテッドな研究開発強化のため、重点分野毎に「対応すべき課題」や「解決の方向性」を整理・提示する。
医療器機器開発の重点分野の設定
高齢化が進む中で影響の大きい主要5疾患※1を中心に、「医療上の課題」、「我が国の競争力ポテンシャル」、「AMED支援の必要性」の三つの視点で重点分野を検討し、5つの重点分野を設定した。
①検査・診断の一層の早期化、簡易化、②アウトカム最大化を図る診断・治療の一体化(がん)、③予防(高血圧、糖尿病等)、④高齢化により衰える機能の補完・QOL向上、⑤デジタル化/データ利用により診断・治療の高度化
「対応すべき課題」と「解決の方向性」の検討・整理
重点分野毎に、将来のあるべき姿を検討。実現に向けての対応すべき課題の整理と、課題解決に向けた方向性を整理した。
(対応すべき課題の具体例)
  • がんなどの無症候性疾患を早期発見する一次スクリーニングシステムの開発
  • 手術の簡易化、均てん化、効率化、医療経済性を向上するための治療システムの開発
    (AI、ロボティクス等を用いた医師の暗黙知の形式知化)
    その他
※1 がん、心疾患・脳卒中、糖尿病、整形、認知症

なお、本検討委員会の報告内容は、2019年度から始まるAMED「先進的医療機器・システム等技術開発事業」等の医療機器開発支援事業の計画立案に活用していく予定です。

委員会の取りまとめ

お問い合わせ先

日本医療研究開発機構 産学連携部 医療機器研究課 
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
Tel:03-6870-2213 Fax:03-6870-2242
E-mail:iryokiki"AT"amed.go.jp

報道に関するお問い合わせ先

日本医療研究開発機構 経営企画部 企画・広報グループ
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
Tel:03-6870-2245
E-mail:contact"AT"amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 平成31年3月29日