公募情報 令和2年度 「医工連携イノベーション推進事業(開発・事業化事業)ベンチャー育成」の採択課題について

  • 令和2年6月16日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
分野 医療機器開発
お問い合わせ先
医療機器・ヘルスケア事業部 医療機器研究開発課
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル23F
TEL: 03-6870-2213
E-mail: ikou_nw”AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください
※お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。電話およびFAXでのお問い合わせは受付できません。

採択内容

医療現場が抱える課題に応える医療機器について、日本が誇る「ものづくり技術」を活かした開発・事業化を推進することにより、我が国の医療機器産業の活性化と医療の質の向上を実現します。

具体的には、設立後間もないベンチャー企業を支援する課題(課題1:医療機器ベンチャー支援事業)及び医療機器ベンチャー支援事業の採択企業への教育を担うことにより、従来不足していたベンチャー企業の開発サポートの研究開発を図る課題(課題2:医療機器ベンチャー教育(育成)事業)の2課題を実施します。 実施する課題については、課題評価委員会(別紙)において厳正な審査を行い、下記の通り決定いたしました。

今後、委託契約などの準備が整い次第、支援を開始する予定です。

課題1 医療機器ベンチャー支援事業
受付番号 課題名 代表機関 研究開発代表者 役職
02-201 変形した膝関節軟骨に最適な関節内インプラント形状の開発 株式会社Surfs Med 松﨑 時夫 代表取締役社長
02-207 腺癌を自動検出する3D 細胞診システムの研究開発 株式会社CYBO 新田 尚 代表取締役社長
02-208 スマートアイカメラを使用した眼科診断AIの開発 株式会社OUI 清水 映輔 代表取締役

課題2 医療機器ベンチャー教育(育成)事業

受付番号 課題名 代表機関 研究開発代表者 役職
02-251 ARO拠点機能を活用した医療機器ベンチャー教育・人材育成 国立大学法人 東北大学 冨永 悌二 病院長

今後、調整の結果、課題名等が変更する場合があります。

評価経過情報

公募期間 令和2年3月9日~令和2年4月9日 [正午]
ヒアリング実施日 令和2年5月15日~令和2年5月25日
評価委員会 令和2年6月1日

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のため、対面でのヒアリング審査の代替として、書面審査の結果に対する質疑応答の資料を基にしたARS・電子メールによる審査を行いました。

  課題1 課題2
申請数 14 1
書面通過数 14 1
採択数 3 1

最終更新日 令和2年6月16日