プレスリリース AMEDの研究支援を受けている研究者が欧州のERC研究チームに参加するための研究交流の制度を開始

令和2年11月13日プレスリリース

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
欧州研究会議(ERC)

日本の医療分野のトップ研究者と欧州研究会議(European Research Council;ERC)の資金提供を受けている欧州の研究チームの共同研究を促進するため、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)と欧州委員会の間で「研究交流に関する取決め」に署名いたしました(パトリシア・フロア駐日欧州連合特命全権大使と三島良直日本医療研究開発機構理事長による署名)。署名式は、2020年11月13日、東京において、日本政府、駐日欧州連合(EU)代表部、AMEDなどの出席のもと行われました。また、ERCのジャン=ピエール・ブルギニョン理事長をはじめEUの代表者や欧州連合日本政府代表部からの参加者は、ブリュッセルからリモートで出席しました。

これは、AMEDの支援を受けている日本のトップレベルの研究者が、同じような分野や相互に関心のあるテーマで研究を行っているERCの研究チームに参加し、共同研究を行うための枠組みをAMEDとERCの間で設定し、その活動を推進するものです。この活動の推進により、双方の研究開発に相乗効果を生み出すことを狙いとしています。この研究交流の活動は、研究開発実施期間であれば、短期または長期滞在、1回または複数回の訪問のいずれも可能となっています。

今回、AMEDはERCにとって16番目の連携機関となり、ERCは、この枠組みを、欧州を研究人材のハブとすることを目的としたERCのグローバルなアウトリーチ戦略の一環としています。また、AMEDは、医学、医療に関する研究開発の発展と実用化をより加速・充実させるために、研究開発の異分野連携・国際連携を重要な取り組みと考え、ERCとの連携により日本国内の研究開発もより一層活発化するものと期待しています。

AMEDの三島良直理事長は、ERCとの研究交流の実施について、「これを機に日本人研究者の活躍の場が広がり、欧州の優秀な研究者との研究交流が活発になることを期待しています。」とコメントしています。なお、今回の取り組み(制度)の具体的な実施要件等に関しては、本制度を適用する事業の公募要領等で改めてお知らせいたします。

プレスリリース写真1
1)ERCについて
欧州研究評議会(ERC)は、2007年に欧州連合(EU)によって設立された、優れたフロンティア研究のための欧州の主要な研究資金提供機関です。毎年、国籍や年齢を問わず非常に優れた創造的な研究者を選出し、欧州を拠点としたプロジェクトを実行するための研究資金を提供しています。ERCは、独立した統治機関である科学評議会が主導しています。ERCの理事長はジャン=ピエール・ブルギニョン教授(数学者、Institut des hautes études scientifiques所長、フランス)が務め、2014年から2020年までのERC全体の予算は130億ユーロ以上とされ、マリヤ・ガブリエル欧州委員(イノベーション、研究、文化、教育、若者担当)が責任者を務める「Horizon 2020」プログラムの一つです。
これまでにERCは、9,500人以上の優秀な研究者、70,000人以上のポスドク、博士課程の学生、研究チームで働くその他のスタッフ等、キャリアの様々な段階にある多数の人材に助成金を提供してきました。ERCは国籍を問わず優秀な研究者に助成金を提供しており、世界中から優秀な研究者を惹きつけることを目指しています。これまでに33名の日本人がERCの助成金を獲得しています。また、欧州以外の研究者にもERCの資金提供を受けたチームに参加してもらうことを奨励しています。研究チームメンバーの約17%が欧州以外の国籍を持つ研究者であり、これまでに300名以上の日本人が欧州の著名な研究機関のERCチームに参加しています。2012年に米国国立科学財団(NSF)との間で欧州外からの人材の一時的なERCチームへの参加を奨励する最初の取り組みが行われたのを皮切りに、各大陸の著名な研究資金提供機関との間で研究交流に関する取決めが交わされています。
2)AMEDについて
日本医療研究開発機構(AMED)は、平成27(2015)年に設立された内閣府、文部科学省、厚生労働省、経済産業省が所管する日本の資金配分機関です。AMEDは、いち早く国民の皆様にその成果をお届けするため、基礎から実用化まで幅広くさまざまな医療分野の研究開発を総合的に推進しています。令和2年度当初予算額は1,272億円(約9億2800万ユーロ)です。AMEDは、ERCとの研究交流の連携機関として、2015年の日本学術振興会(JSPS)、2018年の科学技術振興機構(JST)に続き、日本で3番目に研究交流を開始することとなります。

本件に関するお問い合わせ

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
国際戦略推進部国際戦略推進課
TEL:03-6870-2216
E-mail:international“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 令和2年11月16日