トピックス AMED3か所目の海外事務所を、ロンドンに開設しました

平成29年3月1日トピックス

平成29年2月1日、AMEDは3か所目の海外事務所としてロンドン事務所を開設しました。加えてMRCとAMEDのMOC(協力に関する覚書)締結を記念して、事務所開設記念レセプションを在英国日本国大使館との共催で実施しました。これで、シンガポール、ワシントン、ロンドンと海外3事務所体制が整いました。

ロンドン事務所について

名称:Japan Agency for Medical Research and Development, London Office
住所:Salisbury House, London Wall, EC2M 5QZ
電話:+44-20-7065-6300

ロンドン事務所はロンドンの金融街の近くに位置し、日系企業も多く事務所を構えるエリアにあります。ここを拠点として、所掌範囲であるヨーロッパ及びアフリカとの連携強化、医療分野の研究開発に関する技術情報・政策情報の収集・分析、人的ネットワークの構築及びAMEDの情報発信等を行います。
写真・1枚目ロンドン事務所が入居するSalisbury House
同レセプションには、英国政府主席科学顧問のマーク・ウォルポート教授、英国保健省CMO(Chief Medical Officer)のサリー・デイヴィス卿、英国医学研究会議(MRC: Medical Research Council)CEOのジョン・サヴィル卿、ウェルカム・トラスト財団のジェレミー・ファラー会長並びに在英国日本国大使館の鶴岡特命全権大使ご列席の下、政府、ファンディング機関、大学・研究機関等の関係者計112名の方々に参加いただきました。
 
  • 写真・2枚目挨拶をする末松AMED理事長
  • 写真・2枚目鶴岡大使からの祝辞
  • 写真・3枚目ジョン・サヴィル卿からの祝辞
  • 写真・5枚目サリー・デイヴィス卿からの祝辞
  • 写真・6枚目覚え書きに署名する
    末松理事長とジョン・サヴィル卿
  • 写真・7枚目レセプションの様子
写真:在英国日本国大使館提供

最終更新日 平成29年3月1日