知的財産・実用化支援 知的財産教材

「医療系学生向け知的財産教材」について

資料更新日 令和4年9月20日

将来医療研究の最前線を担う大学・大学院等の学生が、研究成果の実用化の重要性を理解し、実用化に必要な知的財産戦略の理解を深めるべく、「医療系学生向け知的財産教材」を作成いたしました。

本教材は、2017年度に開催した「医療分野の研究成果導出に向けた知財教材の策定のための調査研究・委員会」、2018~2019年度に実施された「医療系学部生・大学院生等向け知財教材の作成及び検証業務」に基づき作成されたものです。本教材の作成にあたっては、札幌医科大学・石埜正穂教授にご監修をいただきました。

「医療系学生向け知的財産教材」は、大学・大学院等の教育機関や研究機関等において、授業や組織内での研修等の教材として利用することを想定して作成したものです。閲覧・利用を希望される場合は、「利用規約」を確認の上、「利用申請書」をMedical IP Desk(medicalip“アット”amed.go.jp)(“アット”の部分を@に変えてください)まで提出いただくようお願いいたします。

本教材は、基礎編の2つの資料と、応用編の7つの資料から構成されるもので、各資料には30~40ページ前後のスライドと、2~4問の理解度確認テストが含まれています。

基礎編(学部生を想定)

  1. 「導入(医学・医療と知的財産)」
  2. 「知的財産制度の基礎」

応用編(大学院生を想定)

  1. 「導入(研究開発プロセスと知的財産)」
  2. 「実用化を目指した研究計画」
  3. 「医療分野の研究と契約」
  4. 「医療分野の研究と特許制度」
  5. 「医療分野の研究と事業化戦略」
  6. 「医療機器開発における産学連携」
  7. 「ライセンス契約」

「医療研究者向け知的財産教材」について

資料更新日 平成29年8月15日

医療分野の研究開発の推進およびその成果の円滑な実用化に向けて、医療分野の研究者、研究管理者らが、医薬品・医療機器分野特有の出願戦略、権利化戦略、活用戦略等について理解を深めることを目的とした知財教材を作成しました。

作成にあたっては、札幌医科大学・石埜正穂教授、浜松医科大学・山本清二教授、山口大学・北村真之准教授、日本製薬工業協会・知的財産委員会から助言をいただきました。

「医療研究者向け知的財産教材」、およびそのテキスト等(以下、「学習教材等」といいます)の視聴・利用をされる際には、下記の「学習教材等視聴・利用規約」(以下、単に「本規約」といいます。)に従ってください。

最後までお読みいただき、「利用規約に同意します」のチェックボックスをクリックしていただくと、下の「教材目次ページへ」ボタンが押せるようになり、学習教材等の目次画面に移動します。

学習教材等は、以下の各部10分程度の教材で構成されており、外部の動画配信サイト(YouTube)で閲覧することができます。

  • 第1部 なぜ知的財産の保護が重要か(11分56秒)
  • 第2部 アカデミアの特許について(13分51秒)
  • 第3部 医薬品の知的財産戦略(9分25秒)
  • 第4部 医療機器分野の知的財産戦略(14分17秒)

なお、研究機関の内部で学習教材等の利用をご希望の場合には、DVDをお送りいたしますので、Medical IP Desk(medicalip“アット”amed.go.jp)(“アット”の部分を@に変えてください)まで、ご連絡ください。


規約更新日 令和4年9月20日

医療研究者向け知的財産教材利用規約

  1. 学習教材(映像及びスライド)の視聴・利用
    (1)利用者(本規約において「利用者」とは、AMED職員以外の第三者で本学習教材を利用するすべての者をいいます)は、本学習教材の視聴・利用に際して、本規約その他の定めに従うものとします。
    (2)本学習教材は、医療研究者が学習用に利用することを想定して作成したものです。利用者は、利用者の責任において、本学習教材について評価、判断して、利用してください。他の利用者の視聴・利用を著しく制限したり、AMEDの業務を妨げたりする態様での利用は禁止します。
    (3)本学習教等の視聴・利用に際しては、インターネット回線を通じて、外部の動画配信サイト(YouTube)にて提供される学習教材等にアクセスする必要があります。利用者は自らの費用と責任において必要な機器・ソフトウェア・通信手段等を用意し、適切に接続・操作してください。
  2. 知的財産権の取扱い
    (1)学習教材等に関する著作権その他の知的財産権は、AMEDに帰属しています。
    (2)利用者は、学習教材等についてAMEDが有する著作権、その他の知的財産権を尊重するものとし、AMEDから事前の利用許諾を受けた場合又は法令等により認められている場合を除いて、学習教材等やそれらに包含される内容(一部か全部かを問いません)を改変したり、複製・公衆送信・頒布・譲渡・貸与・利用許諾その他の知的財産権を侵害する行為をすることはできません。
  3. 免責事項について
    (1)AMEDでは、本学習教材について、より詳しく、分かりやすく、かつ正確なものになるように注意を払っておりますが、その内容の最新性・正確性等については、いかなる保証を行うものでもありません。本学習教材に基づいて利用者が下した判断及び起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、AMEDはその責任を負いません。
    (2)AMEDは、本学習教材の利用により損害(本学習教材の更新・サービス停止等により利用できなかったことによる損害も含む)が発生した場合であっても、その責任を負いません。
    (3)AMEDは、本学習教材について、事前に予告することなく内容や操作方法等の変更を行ったり、削除したりすることがあります。
    (4)AMEDは、本学習教材の内容についての質問には応じられません。

本利用規約に同意する方は、「利用規約に同意します」のチェックボックスをクリックしてください。クリックしていただくと、下の「教材目次ページへ」ボタンが押せるようになり、学習教材等の目次画面に移動します。

教材目次ページへ

最終更新日 令和4年9月20日