知的財産・実用化支援 商談会の出展等参加支援について

1. 商談会の出展参加支援の概要

AMEDでは、AMED研究プロジェクト成果の早期実用化を目指し、大学等研究機関等と産業界とのパートナリングを促進すべく、国内外の商談会への出展支援等のマッチング支援を行っています。詳しい支援内容、支援のご希望などございましたら、末尾の問い合わせ先まで御連絡ください。

2. 出展等支援の内容

(1)国内外商談会共通

【参加登録料支援】
参加登録料をAMEDが負担します。

【プレゼンテーション資料の校閲支援】
商談会で使用するプレゼンテーション資料について、商談会に必要な情報が記載されているか、秘匿する情報が記載されていないかなどの観点での校閲を実施します。

(2)海外商談会のみ

【英語校閲 英文、スピーチチェック】
プレゼンテーション資料の英語表現や、英語スピーチに関してアドバイス致します。

【面談候補企業の選定支援】
面談候補企業の選定を支援します。

【商談会への同席支援】
商談会に必要に応じて同席し、質疑対応等をサポートします。

3. 出展等支援と近年の実績

(1) 令和3年度の実績

  • 2021年6月 BIO International Convention 2021 Digital
  • 2021年8月 DSANJ Digital Bio Conference
  • 2021年10月 BIO-Europe 2021
  • 2021年10月 BioJapan 2021
  • 2022年1月 DSANJ Digital Bio Conference
 

(2) 令和2年度の実績

  • 2020年9月 DSANJ Digital Bio Conference
  • 2020年10月 BioJapan 2020
  • 2021年3月 DSANJ Digital Bio Conference
  • 2021年3月 BIO Partnering at JPM

4. 出展等支援に当たっての注意点

1. 研究機関等においては、AMED担当者と相談しつつ、自発的、かつ積極的なマッチング等の活動をお願いします。


2. 支援対象については、以下の事項を考慮してAMED実用化推進・知的財産支援課において選定を行います。

  • 現在または過去にAMEDの研究費を受けた課題に関連する課題であること
  • 外国出展支援においては、その研究成果が国内で公開済み(発表、出展等)かつ、過去、本施策において外国出展等の支援を受けていない課題であること
  • 原則、研究機関の導出交渉(産学連携担当部署など)部門の実務担当者の参加が可能であり、積極的な対応が期待できる課題であること
  • その他、当該課題に対する支援の状況、導出の可能性、バイ・ドール報告の内容、事業化戦略の検討状況、必要な先行技術調査の結果等

5. お問い合わせ先

AMED実用化推進部 実用化推進・知的財産支援課 Medical IP Desk
E-mail:medicalip”AT”amed.go.jp
※”AT”の部分を@に変えてください。
TEL:03-6870-2237
月曜~金曜 10時~12時/13時~17時(祝日、年末年始を除く)

最終更新日 令和4年7月11日