知的財産・実用化支援 AMEDにおけるスタートアップ支援について

更新履歴

令和4年11月11日 「AMED以外のスタートアップ支援事業のご紹介」に ” Plus”(政府系「スタートアップ支援機関連携協定」)を
 掲載しました。
令和4年10月26日 「AMEDの活動に関するお知らせ」を更新しました。
「各種資料」に令和3年度調査研究の調査報告書を掲載しました。

AMEDは、スタートアップ企業の支援を行うため、様々な支援事業を実施しています。また、AMED以外の政府系スタートアップ支援機関と連携した支援活動も実施しています。

AMEDの特定事業にご関心のある方は、以下のリンクをご参照の上、必要に応じて各リンク先の問い合わせ先へご連絡下さい。それ以外のお問い合わせは、AMEDスタートアップ相談窓口「amed-startup”AT”amed.go.jp」までメールにてお問い合わせをお願いします。
※”AT”の部分を@に変えてください。

研究開発に対する資金支援(スタートアップに特化した事業)

研究開発に対する資金支援(スタートアップもご利用可能な事業)

ソフト面の支援

AMEDの活動に関するお知らせ

各種資料

AMED以外のスタートアップ支援事業のご紹介

” Plus”(政府系スタートアップ支援機関の連携)

2020年7月にスタートアップ支援機関連携協定(通称「Plus “Platform for unified support for startups”」)が創設されました。2022年11月1日に新たに7機関が加わって参加機関は合計16機関となり、AMEDはこのPlusの枠組みの中で、スタートアップ支援情報の共有・発信や、相互連携した活動を実施しています。政府関係の支援策の活用を検討中の方は、ワンストップ相談窓口Plus Oneにお問い合わせください。参加機関等の詳細は下記のプレスリリースでご確認ください。

ワンストップ相談窓口:Plus One(プラスワン)

プレスリリース:
(2022.11.11)[NEDO]金融等の7機関がスタートアップ支援協定に参画、拡大発足式を開催―スタートアップ支援メニューを拡充―

(2020.7.16)政府系9機関がスタートアップ支援に関する協定を締結―スタートアップや起業家などの人材を継続的に連携して支援― 

最終更新日 令和4年11月11日