公募情報 平成31年(令和元年)度 「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業( 患者層別化マーカー探索技術の開発)」の採択課題について

  • 令和元年9月27日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験
分野 医薬品創出
お問い合わせ先
創薬戦略部医薬品研究課 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業 (患者層別化マーカー探索技術の開発)事業担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
E-mail: jisedai-med“AT”amed.go.jp
備考:
お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)
電話及びFaxでのお問い合わせは受け付けできません。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成31年(令和元年)度「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業( 患者層別化マーカー探索技術の開発)」に係る公募について」について、本事業の課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り採択課題を決定いたしました。

1.がん免疫モニタリングによる患者層別化を行う基盤技術の開発

研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者
免疫応答モニタリングによるがん免疫の全容理解に基づく新規層別化マーカーの開発 一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム 上田 龍三

2.医療ニーズの高い特定疾患・薬剤に対する患者層別化基盤技術の開発

研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者
新たな肝がん高危険群患者層別化マーカーの開発実用化研究 国立大学法人金沢大学 金子 周一
アミノ酸プロファイルによるがん免疫微小環境の代謝リプログラミング評価とがん免疫治療患者層別化技術の開発 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター 笹田 哲朗
血液バイオマーカーによる認知症の統合的層別化システムの開発 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 中村 昭範

3.潜在疾患マーカー同定による新規創薬基盤技術のフィージビリティ研究

研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者
潜在疾患マーカー同定による新規創薬基盤技術のフィージビリティ研究 国立研究開発法人産業技術総合研究所 夏目 徹

(以上 敬称略 五十音順)

評価経過情報

公募期間 令和元年5月31日(金)~令和元年7月5日(金)
ヒアリング審査実施日 令和元年8月27日(火)
申請課題数 37課題
書面評価通過課題数 10課題
採択課題数 5課題

最終更新日 令和元年9月27日