公募情報 若手 女性 海外 令和4年度 「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,観察研究等,該当なし
分野 疾患基礎研究プロジェクト,感染症
お問い合わせ先
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 疾患基礎研究事業部 疾患基礎研究課 エイズ対策実用化研究事業 担当(遠藤、宮澤)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2225(課代表)
E-mail: aids”at”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”at”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせはなるべくE-mailでお願いします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、本事業の課題評価委員会(別紙)における厳正な審査を行った結果、令和4年度「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題を決定しましたのでお知らせいたします。

公募課題番号A01:新たな技術の確立によるHIV潜伏感染機序の解明と克服のための研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
佐藤 賢文 国立大学法人熊本大学 教授 革新的核酸解析技術によるHIV潜伏感染機序の解明と克服のための研究
公募課題番号A02:HIV感染症の新たな治療法に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
松下 修三 国立大学法人熊本大学 特任教授 中和抗体によるHIV感染症の治癒を目指した研究開発
公募課題番号A03:【若手育成枠】HIV感染症領域における新たな知見の創出
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
勝田 陽介 国立大学法人熊本大学 助教 Staple核酸を用いたHIV感染症の新たな治療法に関する研究基盤の創出
小谷 治 国立感染症研究所 主任研究官 Gag前駆体Pr55Gag disordered 領域の構造生物学と創薬
齊藤 暁 国立大学法人宮崎大学 准教授 新規抗HIV-1宿主因子の抗ウイルス作用メカニズム解明と動物モデル開発への応用
近田 貴敬 国立大学法人熊本大学 特任講師 イムノペプチドミクス解析を用いたHIV-1完治療法を目指した研究
永田 尚義 学校法人東京医科大学 准教授 ヒト微生物叢を介した腸管免疫応答から紐解くHIV感染者の非AIDS関連がんの発症機序
公募課題番号A04:HIV流行株の遺伝子変異動向調査とHIV感染対策への応用に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
菊地 正 国立感染症研究所 主任研究官 国内流行HIV及びその薬剤耐性株の長期的動向把握に関する研究
公募課題番号A05:HIV感染者における合併症の診断・治療法に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
木村 公則 東京都立駒込病院 部長 血友病合併HIV/HCV重複感染に起因する肝硬変に対する抗線維化治療薬の開発

評価経過情報

公募期間 令和3年11月5日(金)~令和3年12月3日(金)
ヒアリング実施日 令和4年2月1日(火)
会合審査日 令和4年2月1日(火)
課題番号 A01 A02 A03 A04 A05
申請数 3 3 9 1 1
書面評価通過数 3 3 9 1 1
採択数 1 1 5 1 1

掲載日 令和4年3月7日

最終更新日 令和4年3月7日