公募情報 海外 令和3年度 「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」に係る公募について

更新履歴

令和3年6月18日:令和3年6月30日に従来の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」および「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が廃止され、「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」が施行されることに伴い、公募要領を更新しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究
分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト,感染症
公募締め切り 令和3年7月20日(火) 正午(日本時間)
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国際戦略推進部 国際戦略推進課 国際連携推進室 NTDs担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル23階
E-mail: africa-ntds“at”amed.go.jp ※アドレスの“at”を@に変えてください。
備考:
お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」に係る令和3年度(2021年度)公募を以下の要領で実施いたします。

分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発実施予定期間 新規採択課題予定数
顧みられない熱帯病(NTDs) 1課題当たり年間
30,000千円程度

最長5年
令和3年度~令和7年度

0~1課題程度

本年度公募では、世界保健機関(WHO)が定める “Neglected Tropical Diseases” のうち、以下に指定する疾患(群)を対象とする研究開発の提案を募集します。

【指定疾患(群)】
ブルーリ潰瘍、包虫症、アフリカ睡眠病、リーシュマニア症、ハンセン病、マイセトーマ・黒色分芽菌症および深在性真菌症、河川盲目症、住血吸虫症、条虫症・嚢虫症

詳細につきましては、公募要領をご参照ください。

事業概要

我が国とアフリカ諸国の大学等研究機関において、顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases:NTDs)の予防、診断、創薬、治療法の開発等を行い、成果の社会実装を目指すとともに、共同研究を通じて日本・アフリカの若手研究者の人材育成を行います。

事業の案内ページ

応募資格者

日本国内の法人格を有する大学、国公私立高等専門学校、独立行政法人、国公立試験研究機関、公益法人、企業等、及び法人化していない国立研究機関に所属し、当該国際共同研究の研究代表者として責務を果たし、最初から最後まで国際共同研究に従事できる者。または、応募時に海外在住の研究者で、契約開始予定日において日本国内の研究機関に所属して研究を実施する体制を取ることができ、当該国際共同研究の研究代表者として責務を果たし、最初から最後まで国際共同研究に従事できる者。

※詳細につきましては、公募要領の「第2章 応募に関する諸条件等」をご参照ください。

公募期間

令和3年6月8日(火) ~ 令和3年7月20日(火) 正午(日本時間)

※ 受付期間を過ぎた場合は理由のいかんによらず受理しかねますのでご注意ください。

公募説明会

実施いたしません。
応募にあたってご質問・ご懸念等ございましたら事務局(上記の問い合わせ先)にご相談ください。

応募方法

本公募は、日本と相手国研究機関の研究者が合同で研究提案を作成してください。そのうえで、日本の大学などの研究機関に在籍する研究者が研究代表者としてe-Rad(府省共通研究開発管理システム)を通じて応募申請を行う必要があります。

※応募する対象者は、原則として応募時までにe-Radに登録されていることが必要となります。研究機関の登録方法については、e-Radポータルサイトを参照してください。登録まで日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。なお、一度登録が完了すれば、他省庁等が所管する制度・事業の応募の際に再度登録する必要はありません。(既に他省庁等が所管する制度・事業で登録済みの場合は再度登録する必要はありません。)

※ e-Radへの登録はe-Radが利用できる時間帯でのみ可能ですのでご注意ください。

応募先

資料

掲載日 令和3年6月8日

最終更新日 令和3年6月18日