事業紹介 疾病克服に向けたゲノム医療実現プロジェクト

概要

バイオバンクを構築しゲノム情報等の解析に基づく研究を推進しています。またゲノム医療実現に向けた研究基盤の整備や臨床研究を進めています。

事業一覧

事業 概要
東北メディカル・メガバンク計画 被災地を中心とした15万人規模の健康調査の実施及びその結果の回付、医療関係人材の派遣による地域医療支援を行います。またゲノム情報を含む前向き住民コホートの形成と、そこで得た試料・情報によるバイオバンクの構築により医療研究基盤を提供します。
オーダーメイド医療の実現プログラム 個々にとって最適な医療(オーダーメイド医療)の実現のため、疾患バイオバンク及びゲノム情報等を活用し、疾患の発症原因及び薬の治療反応性・副作用等の関連遺伝子を同定・検証するとともに、ゲノム情報を生かした診断・治療に資する研究を推進します。
ゲノム研究バイオバンク事業 オーダーメイド医療の実現プログラムを継承し、我が国の3大バイオバンクの一つであるバイオバンク・ジャパンの保有する試料・情報の利活用を促進するものです。
ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業 ゲノム医療の実現を目指し、既存のバイオバンク等を研究基盤・連携のハブとして再構築するとともに、その研究基盤を利活用した目標設定型の先端研究開発を一体的に推進するものです。
臨床ゲノム情報統合データベース整備事業 ゲノム情報と疾患特異性や臨床特性等の関連を検証し、臨床及び研究に活用できる臨床情報と遺伝情報を統合的に扱うデータベースを整備するとともに、それを利活用した研究開発を一体的に推進します。
ゲノム創薬基盤推進研究事業 疾患ゲノム解析による原因遺伝子の探索・機能評価、臨床応用に向けた実証的研究などゲノム医療の実現に向けた基盤研究や、ゲノム医療の提供に伴う倫理的・法的・社会的課題の解決及び医療従事者の教育の確立等に必要な研究を推進します。

ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシー

AMEDの9つの連携分野の一つである「疾病克服に向けたゲノム医療実現プロジェクト」では、ゲノム情報のシェアリングに係る方針を示した「ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシー」を策定し、原則としてデータシェアリングを義務づけることとしました。本ポリシーは、ゲノム情報を用いた医療の実現に向け、研究成果に紐付くゲノムデータ、及び臨床情報や解析・解釈結果等を含めたゲノム情報の、迅速、広範かつ適切な共有・公開を行うことを目的として、研究参加者の権利保護、データ・情報を提供した研究者の保護と、データシェアリングによる関連分野の研究の推進を両立するための枠組みを示すものです。

詳細については以下のファイルをご参照ください。本ポリシーの適用については各公募要領をご確認ください。

最終更新日 平成30年1月23日