事業紹介 ゲノム・データ基盤事業部

概要

ゲノム・データ基盤事業部は、ゲノム医療基盤研究開発課、健康・医療データ研究開発課、医療技術研究開発課、の3つの課から構成されます。
これらの課では、ゲノム医療、個別化医療の実現に向け、ゲノムデータおよび健康医療データの基盤整備ならびに利活用を促進し、ライフステージを俯瞰した疾患の発症・重症化予防、診断、治療等に資する研究開発を推進しています。このため、遺伝子変異・多型と疾患発症の関連性、レジストリ等の医療データやICTおよびAI等を活用した新たな診断・介入法の実装、無形の医療技術やそれに関連するシステムの改善・改良を目指したデータ収集等の研究を支援し、その成果のデータシェアリングの推進に取り組んでいます。

ゲノム医療基盤研究開発課

ゲノム医療基盤研究開発課では、ゲノムデータ等の解析に基づく研究開発やゲノムデータを含む健康・医療データの基盤整備、利活用促進のための研究環境の整備を推進しています。また、それらのデータの利活用を促進することでライフステージを俯瞰した遺伝子変異・多型と疾患の発症との関連等から、疾患の発症・重症化の予防、診断、治療等の開発へとつなげる研究を推進しています。

健康・医療データ研究開発課

健康・医療データ研究開発課では、個々人のライフステージの健康・医療データ等を利活用することにより、新たな予防・診断・治療法等の社会実装を図ります。そのために必要なデータ基盤の構築・環境整備を行い、それらのデータを活用したICTやAI等に関する研究開発を推進しています。

医療技術研究開発課

医療技術研究開発課では、がんや難病、認知症、生活習慣病等におけるゲノムデータや健康医療データの基盤整備や利活用の促進等によるライフステージを俯瞰した疾患の発症・重症化予防、診断、治療等に資する医療技術研究開発を推進しています。また、無形の医療技術やそれに関連するシステムの改善・改良を目指したデータ収集等の研究を推進しています。

最終更新日 令和2年5月21日