研究公正 研究倫理教育プログラム

更新履歴

平成30年12月28日 研究倫理教育プログラム履修状況報告書の様式を変更しました。平成30年度(2018年)の報告から適用します。

AMEDでは、不正行為を事前に防止し、公正な研究活動を推進するための取組の一環として、AMEDが所管する研究費により行われる研究活動に参画する研究者の方々に研究倫理教育を履修いただくとともに、その履修状況を確認させていただくこととしました。ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

履修プログラム・教材

次のいずれかを履修してください。

  • APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)
    APRIN (公正研究推進協会)
  • 「科学の健全な発展のために―誠実な科学者の心得―」(日本学術振興会「科学の健全の発展のために」編集委員会)
    研究公正|日本学術振興会
  • 研究機関等が、上記と内容的に同等と判断したプログラム

履修対象者

各研究機関等がAMEDの所管する研究費により行われる研究活動に実質的に参画していると判断する研究者の方々を対象とします。

履修時期と履修状況の報告

原則、研究開発開始初年度に履修し、その後も適切に履修してください。(過去の履修履歴についてはQ&Aをご参照ください。)

研究機関等は、自己の機関に所属する履修対象者に、上記のプログラム・教材による研究倫理教育を履修させ、研究開発初年度において、その履修状況をAMEDに報告してください。再委託先に履修対象者がいる場合は、委託元である研究機関等が取りまとめて報告してください。
なお、次年度以降は報告の必要はありませんが、途中参加の研究者については確実に履修させることとしてください。

履修状況報告書の提出

研究倫理教育プログラム履修状況報告書

報告対象者:
各年度において新規に開始(公募により採択)された課題における履修対象者のうち、次の研究者
  • 委託契約における研究開発代表者(これに相当する肩書きを付与された者を含む。)及び研究開発分担者(これに相当する肩書きを付与された者を含む。)
  • 補助事業における事業代表者(これに相当する肩書きを付与された者を含む。)及び事業分担者(これに相当する肩書きを付与された者を含む。)
提出期限:
研究期間終了後61日以内又は翌年5月末日

報告書の提出方法と提出先

以下から様式をダウンロードし、必要事項を記載してください。
各研究機関等で取りまとめのうえ、電子ファイルでAMED研究公正・法務部へ提出してください。

提出先メールアドレス:
kenkyuukousei“AT”amed.go.jp
報告書様式:
提出方法:
研究倫理教育プログラム履修状況報告書のファイル名は「課題管理番号_代表研究者名」(「18XX000000h0001_○○○○」)として、上記提出先までメールで送信してください。

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください
※報告書に押印は不要です。報告対象者に再委託先の研究者がいる場合は、委託元である研究機関等が取りまとめて報告書を提出してください。

Q&A

最終更新日 平成30年12月28日