創薬事業部 創薬企画・評価課

創薬企画・評価課の概要

創薬支援ネットワークの本部機能を担っており、アカデミア発の創薬研究開発において、標的検証から前臨床研究の各開発段階に応じた的確かつ効果的な支援を提供する体制が整えられています。創薬シーズの評価、知財戦略の策定やプロジェクトマネージメント、研究成果の企業導出等について、製薬企業等で豊富な研究開発経験を積んだ創薬コーディネーターが創薬研究を強力に支援します。
また、感染症や希少難治性疾患を対象として、創薬標的の探索から臨床研究に至る、医薬品開発を支援します。

創薬支援ネットワーク

創薬支援ネットワークは、日本医療研究開発機構創薬事業部が本部機能を担い、理化学研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所、産業技術総合研究所等との連携により、大学や公的研究機関の優れた研究成果から革新的新薬の創出を目指した実用化研究をオールジャパンで支援する日本初の創薬支援制度です。
アカデミア発の実用化の可能性が高い創薬シーズ(新標的・新物質)を対象に、主に探索研究から前臨床開発までを支援します。具体的には、知財・研究戦略策定、プロジェクトマネージメント、探索研究及び前臨床開発に関わる技術支援、支援によって得られた成果の企業導出や医師主導治験への橋渡し等、実用化に必要な様々な支援をワンストップで提供します。

事業一覧

創薬支援推進事業
  ・創薬総合支援事業 
   ・創薬ブースター(創薬総合支援事業)
   ・創薬ナビ(無料相談事業)
   ・創薬アーカイブ(登録技術・活用事業)
   ・創薬シーズ実用化支援基盤整備事業
  ・創薬支援効率化事業
   ・産学協働スクリーニングコンソーシアム(DISC)
   ・創薬支援インフォマティクスシステム構築
   ・産学連携による次世代創薬AI開発
  ・希少疾病用医薬品指定前実用化事業
  ・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発
難治性疾患実用化研究事業
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
肝炎等克服実用化研究事業

創薬支援推進事業

創薬総合支援事業

創薬事業部では、医薬品としての実用化の可能性が高い創薬シーズに対し、創薬事業部が策定した知財戦略、研究戦略に基づき、創薬支援ネットワーク構成機関が保有する創薬技術や設備等を活用して、実用化を目指したシームレスな支援を実施する「創薬ブースター」、無料相談事業「創薬ナビ」、先駆的創薬技術に関する情報を広く収集する「創薬アーカイブ」など様々な事業を行っています。

創薬支援効率化事業

創薬支援ネットワークによるオールジャパンの創薬支援をより迅速、確実に実施するための取組です。

希少疾病用医薬品指定前実用化事業

希少疾病用医薬品の製造販売承認取得を目指す研究開発型企業等による開発を進めるため、その環境を整備し、迅速かつ効果的に希少疾用医薬品としての実用化を可能にすることを目的とした事業です。
 

お知らせ一覧