医薬品研究開発課 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS) 事後評価結果

創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)における事後評価結果を公表します。

事後評価の目的

研究開発課題について、研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにし、今後の研究開発成果等の展開及び事業の運営の改善に資することを目的とする。

課題評価委員会

開催日・内容

令和3年6月2日(水) 評価結果の確認・総合討論・最終化

評価対象

全課題

課題評価委員

評価方法

  1. 評価単位
    ネットワーク課題はネットワーク課題毎、個別課題は個別課題毎に評価。
  2. 事後評価報告書
    被評価者は、事後評価報告書を機構に提出。
  3. 書面評価
    研究開発課題ごとに担当の委員を定め、事後評価報告書等に基づき、評価項目の観点から課題の書面評価を実施。
  4. 総合討論による評価結果の最終化
    課題評価委員会は、全課題に対する書面評価結果の妥当性について、総合討論を実施し、評価結果を最終化。

評価項目

  1. ① 研究開発進捗状況
  2. ② 研究開発成果
  3. ③ 実施体制
  4. ④ 今後の見通し
  5. ⑤ その他事業で定める事項
  6. ⑥ 総合評価

評点

委員は、①~⑤の各評価項目を以下の10段階評価で評点を付け、この評点を勘案の上、⑥総合評価について10点満点の評点を付ける。

評価結果の取りまとめ

各評価委員の総合評価の点の平均値(四捨五入により小数点第1位まで)を、当該申請課題についての課題評価委員会の評点とする。
委員会での審議により評点が6.0 点未満の課題は、計画どおり進捗していない(計画した成果が得られていない)ものとして取り扱う。

評価結果

全課題について、いずれも課題評価委員会の総合評価点6.0 以上であり、期待通り、またはそれ以上の進捗と成果が得られていると判断された。

評価結果の活用

機構は、事後評価の結果について、事業を担当するPS 及びPO による確認を経た上で、以後の研究開発の推進方策及び研究開発成果等の展開に活用するとともに、事業の改善に活用する。

評価結果の公開

評点については、以下のカテゴリーで公開する。

  • ≧8.5 : 極めて優れている
  • 7.5 – 8.4 : 大変優れている
  • 6.5 – 7.4 : 優れている
  • 5.5 – 6.4 : 妥当である

最終更新日 令和3年10月1日