ニュース 2024(令和6)年 成果情報一覧

令和4年7月より、AMEDが支援した課題の研究成果(学術誌への論文掲載等)として各研究機関が発表した資料(AMED共同発表資料も含む。)を掲載しています。掲載された研究成果に関するお問い合わせは、各資料に記載のお問い合わせ先へご連絡ください。また、各資料の著作権は各公表機関に帰属いたしますのでご留意ください。

2月

日付 タイトル
事業名
主体機関 PDF
令和6年2月14日 ゲノムの暗黒領域が膵がん悪性化に関わる機序を解明
革新的がん医療実用化研究事業
東京大学 資料
令和6年2月13日 異種臓器移植用ブタの国内生産に初めて成功―明治大学発ベンチャー ポル・メド・テックと米国イージェネシスのチーム―
医療研究開発革新基盤創成事業
株式会社ポル・メド・テック 資料
令和6年2月13日 悪性脳腫瘍を対象とした 新規核酸医薬の医師主導治験を開始―予後が厳しい再発膠芽腫に対する新たな治療法―
革新的がん医療実用化研究事業
名古屋大学 資料
令和6年2月9日 乳がんに対するがん特異的抗体開発に世界で初めて成功―副作用のない抗体医薬品開発に期待―
先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業
東北大学 資料
令和6年2月9日 脳画像データによる精神病発症を判別する機械学習器を開発
脳とこころの研究推進プログラム(戦略的国際脳科学研究推進プログラム(国際脳))
東京大学 資料
令和6年2月8日 生体内の胎盤を模倣したヒト胎盤オルガノイドの作製に成功
革新的先端研究開発支援事業
東京医科歯科大学 資料
令和6年2月5日 肺がんが脳に転移する仕組みを解明!
次世代がん医療創生研究事革新的がん医療実用化研究事業
金沢大学 資料
令和6年2月2日 発がんウイルス(EB ウイルス)に感染した細胞の増殖が促進され、腫瘍が形成されるメカニズムを発見
新興・再興感染症研究基盤創生事業
名古屋大学 資料
令和6年2月2日 間質性肺疾患に伴うブレオマイシン誘発性肺高血圧症におけるCD26/DPP4の役割
ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業
千葉大学未来粘膜ワクチン研究開発シナジー拠点 資料
令和6年2月2日 非気腫型慢性閉塞性肺疾患における末梢血単核細胞の異なるトランスクリプトームの特徴
ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業
千葉大学未来粘膜ワクチン研究開発シナジー拠点 資料

1月

日付 タイトル
事業名
主体機関 PDF
令和6年1月30日 アルツハイマー病の前臨床モデルにおいて、 βアミロイド誘導性神経病理の形成にインフラマソームは関与しない(病態形成における非炎症性グリア応答という新たな着想を提示)
革新的先端研究開発支援事業
名古屋市立大学 資料
令和6年1月29日 オミクロンBA.2.86株のウイルス学的特性の解明
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
東京大学医科学研究所 資料
令和6年1月24日 母乳に含まれるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)が子どもの精神発達と関連する重要な栄養成分であることを判明―国際学術誌Nutrientsに掲載―
ゲノム医療実現バイオバンク利活用プログラム(東北メディカル・メガバンク計画)
東北大学 資料
令和6年1月24日 新型コロナウイルスの気管支への感染が血管の構造と機能を低下させることをチップ上で再現―血管床を有するMicrophysiological systems(MPS)を活用したモデル―
革新的先端研究開発支援事業
京都大学 資料
令和6年1月22日 神経性やせ症(拒食症)における脳灰白質体積の減少と症状の 重症度との関連を明らかに―大規模共同研究が新たな知見を提供―
脳とこころの研究推進プログラム(戦略的国際脳科学研究推進プログラム(国際脳))
国立精神・神経医療研究センター 資料
令和6年1月22日 全ゲノム配列解析から日本人特異的に見られるアルツハイマー病発症に関わるHLAハプロタイプを発見
認知症研究開発事業
国立長寿医療研究センター 資料
令和6年1月18日 mTOR阻害剤「ラパリムス錠1㎎」「効能又は効果」追加承認 「ラパリムス顆粒0.2%」剤形追加の承認のお知らせ
難治性疾患実用化研究事業
ノーベルファーマ株式会社 資料
令和6年1月17日 B型肝炎ウイルスが感染受容体に結合するしくみを解明
肝炎等克服実用化研究事業
東京大学 資料
令和6年1月16日 広範なコロナウイルス株に効果のある抗体医薬品を分子シミュレーションにてデザインすることに成功
次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業
富山大学 資料
令和6年1月15日 日本主導の国際共同医師主導治験の結果に基づき、パルボシクリブとタモキシフェン併用の新たな治療選択肢を乳がん患者さんに提供―添付文書改訂によりホルモン受容体陽性/HER2陰性進行乳がん患者さんに貢献―
臨床研究・治験推進研究事業(アジア地域における臨床研究・治験ネットワークの構築事業)
国立がん研究センター 資料
令和6年1月12日 膵臓がんにおける血液中の酵素活性異常の発見― 「個」の酵素活性の理解に基づく疾患診断技術の開発に向けて―
革新的先端研究開発支援事業
東京大学 資料
令和6年1月12日 “⾒た⽬はそっくり、中⾝は違う”(C-グリコシド型)擬複合糖質を開発―分岐合成法の確⽴と⽣物活性が⼤きく異なる多様なアナログ群の創出―
ワクチン・新規モダリティ研究開発事業
九州⼤学 資料
令和6年1月12日 炎症を司る分子STINGの活性化機構を完全解明 自己炎症性・神経変性疾患の新規治療戦略
革新的先端研究開発支援事業
東北大学 資料
令和6年1月10日 オミクロンXBB.1.5株対応1価ワクチンにより誘導されるオミクロン亜株に対する液性免疫の効果
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業ワクチン・新規モダリティ研究開発事業
東京大学 資料
令和6年1月9日 HER2に対するがん特異的抗体を導入したCART細胞の第I相臨床試験を米国にて開始
先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業
東北大学 資料
令和6年1月9日 心不全患者の歩行様式を用いたフレイル自動判定AIアプリ開発に成功 ―客観的かつ鋭敏なフレイルの自動判定が可能となり, 様々な臨床応用に期待―
医療機器等研究成果展開事業
北海道大学 資料
令和6年1月6日 エンドソームストレスが免疫応答の引き金となる―新たなオルガネラストレスの発見―
革新的先端研究開発支援事業
東京都医学総合研究所 資料
令和6年1月5日 思春期の脳とこころの不調の予防にいじめの防止が重要
脳とこころの研究推進プログラム(戦略的国際脳科学研究推進プログラム)
東京都医学総合研究所 資料
令和6年1月5日 SARS-CoV-2オミクロンJN.1株のウイルス学的特性の解明
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業ワクチン開発のための世界トップレベル研究開発拠点の形成事業ワクチン・新規モダリティ研究開発事業
東京大学 資料
令和6年1月5日 小児COVID-19肺炎におけるⅠ型インターフェロン中和抗体の保有率を調査―同中和抗体は小児でも重症化の要因である―
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
広島大学 資料
令和6年1月4日 リスクと報酬の意思決定バランスを光で調節―精神神経疾患の病態解明に期待―
医薬品等規制調和・評価研究事業
京都大学 資料